「見る」は敬語でなんて言う? 正しい丁寧語・尊敬語・謙譲語の使い方と例文【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2022/06/24

対人マナー


日常でもよく使う「見る」という言葉。

ビジネスシーンやかしこまった場所でも「見る」という言葉を使うシーンはたくさんあります。

ビジネスメールなどでも頻繁に登場する言葉です。

しかし、実際に「見る」という言葉を敬語にしようとして、適切な言葉がわからなくなることありますよね。

そこで今回は「見る」の敬語の使い方をシーン別に尊敬語謙譲語丁寧語の例文とともに紹介します。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

「見る」は敬語でなんて言う?

一言で「見る」と言っても使用するシーンによって表現が変わります

敬語には尊敬語謙譲語丁寧語があります。

それぞれの意味は次の通り。

  • ・尊敬語:相手に対して敬う表現
  • ・謙譲語:へり下った言い方で相手に対して敬う表現
  • ・丁寧語:丁寧な表現で相手を敬う表現


「見る」という言葉はビジネスシーンにおいて、相手や使うシーンで表現を変える必要があります。

相手の書類を見る場合や相手の書類を見せてもらう場合など、状況は様々。

次からは、実際に「見る」という言葉をシーン別に使い方を紹介します。

「見る」の尊敬語:「ご覧になる」

相手が見る動作の主体だった場合、「ご覧になる」を使います。

自分が見る主体の時に「ご覧になる」を使用するのは間違った使い方です。

たまに「ご覧になられる」という使い方を目にしますが、これは二重敬語になるので注意。

「見る」の謙譲語:「拝見する」

自分の動作についてへりくだった表現をする際に「拝見する」を使用。

自分の動作に対してへりくだった表現をすることで間接的に相手を立てます。

「拝見する」は自分の動作に対して使う言葉なので、相手の動作に対して使用しないよう注意が必要です。

「見る」の丁寧語:「見せてください」

丁寧語は基本的に「~です」「~ます」を語尾に付けます。

見せてください」は自分の動作に対して丁寧な言葉で表現する際に使用します。

自分が何かを相手から見せてもらう場合には「見せてください」が適切。

自分が何かを自主的に見る場合は「見ます」が適切でしょう。

見るの言い換えは次の通りです。

 

「見る」の言い換え

使用するシーン

尊敬語

ご覧になる、ご覧ください

顧客や目上の方に対し敬う表現

謙譲語

拝見する、拝見します

取引先や上司に対し、自身がへりくだって敬う表現

丁寧語

見ます、見せてください

尊敬語や謙譲語が相応しくない場合に使用する丁寧な表現

次のページ「見る」の敬語表現の例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]