ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは? 知っておきたいボトルネックの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2021/12/30

ビジネス用語

「ボトルネック」という言葉を聞いたことはあっても、意味や使い方には自信がないという人もいるのではないでしょうか?

「ボトルネック」は問題になっている物事を指すカタカナ言葉で、全体の能力や成果に影響することから社会人になったら覚えておきたい用語です。

さらに、ボトルネックは人に対しても使われることがあるのだとか。自分がボトルネックの人になっていないかも気になりますよね。

そこで今回は、「ボトルネック」の意味や使い方について網羅的にご紹介します。

「ボトルネック」の意味


日本語で出てくる「ボトルネック」は、全体の能力や成果に影響する問題となる要因のことを指します。

具体的には、作業やシステムなどにおいて能力や容量などが低い、または小さく、全体の能力や速度を規定してしまう部分などです。

大きなボトル(瓶)でも、通り道が狭いネック(首)になっていると一定時間当たりの出る液体の量は少なくなってしまいますよね。

日本語の「ボトルネック」は、この現象に由来して、さまざまなビジネスシーンに利用されています。

英語の「ボトルネック」の意味は?

和製英語のように思える「ボトルネック」ですが、英語の「bottleneck」という言葉が語源です。

英語の「bottleneck」は直訳すると「瓶の首」となりますが、日本語での使われ方と同じく「進行を妨げる物事・人」「障害」などと訳されます。

呼び方は省略されることも!

ビジネスシーンにおいて「ボトルネック」は「ボトル」を省略して単に「ネック」だけで使われることも少なくありません。

社内で「ネック」だけが飛び交っている場合は、「ボトルネック」の省略だと意識することで、社内のやり取りがより深くわかるでしょう。

業界別「ボトルネック」の使い方とは?

ビジネスを進める上で目的を困難にさせる問題や障害として「ボトルネック」が使われていますが「ボトルネック」は業界によって使い方が変化すると言えます。

ここでは製造業界やIT業界・経理における「ボトルネック」の使い方を事例とともに見てみましょう。

製造業での「ボトルネック」

製造業の場合、生産プロセスの複数の工程のうち、スピードが遅く全体の生産効率の低下をもたらしている工程のことを「ボトルネック」と呼びます。

IT業界などでの「ボトルネック」

IT業界などの「ボトルネック」は、システムの処理や通信のスピードの低下を招く原因や要因です。

また、パソコン用語の場合はシステム設計上の制約の概念や、一部のパソコンパーツの性能が低いことで生じるパフォーマンス低下のことを指すこともあります。

経営管理における「ボトルネック」

経営管理では、事業戦略上必要なことが難しい、あるいは問題になっている場合に「ボトルネック」が使われるようです。

資源の調達が例に挙げましょう。

資源調達が難しい場合は、資源調達を戦略遂行上の「ボトルネック」として認識されるようです。

次のページボトルネックの使い方を例文でチェック

動画試聴

この記事は動画を視聴すると、続きを読むことができます!
(音声にご注意ください)

動画試聴

2ページ目は下のボタンから

続きを読む

動画試聴

動画が中断されたため、2ページ目を見ることができません。
2ページ目を見るためには画面を再読み込みして、動画をご視聴ください。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]