マーケティングに強くなれる? KGIの意味や使い方を知ろう 例文つき【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/22

電話・メール

近年WEBマーケティングの現場を中心に、「KPI」と「KGI」の両方をきちんと数値化することの重要性が注目されています。KGIをきちんと設定せずに、ただ漠然とマーケティングを続けていても、成功することは難しいでしょう。今回はその「KGI」についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
例文つき! 「あいみつ」の意味とビジネスシーンでの使い方【スグ使えるビジネス用語集】

■ビジネスで使う「KGI」の意味とは?

KGI(ケージーアイ)とは「Key Goal Indicator」の略称で「重要目標達成指標」という意味です。「KGI」は、ある一定の期間において達成したい内容を数値として明確化することを目的としています。そのうえで、いくつかの中間的な目標(KPI)を設け、随時的確に目的達成へ向かっているかを確認するのです。単なる数値目標と違う点は、たとえば、成約数を上げたいとして、「どういった形で成約数を上げるのか」「〇万円以上の売り上げを持つ顧客を増やすのか」「たくさんの顧客をまず勝ち取るのか」、といった細かな運用計画を根拠とした数値設定をする点があげられます。

■「KGI」の使い方のポイントとは?

KGIはマーケティングのさまざまな分野で使われる言葉ですが、ビジネス用語としてはKPIのほうがよく注目され、KGIはあくまで達成したい数値目標の指標とされることが一般的です。しかし、本来はKGIをクリアするためにKPIが設けられるので、KPIありきのKGIといった指標の設定方法は本末転倒となります。あくまでゴールを具体的な指標として定めたうえで、中間地点を決めるようにしましょう。

次のページKGIの例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]