グロースハックの意味とは? 例文で使い方をマスターしよう【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/16

ビジネス用語

ここ数年のIT業界では幅広く知られるようになってきているグロースハックですが、一般への浸透度はまだまだこれからといわれています。どのようなものなのか、どんな利益をネットユーザーにもたらしているのかを紹介していきます。使い方がわからないという方のために例文も紹介していきます。

▼こちらもチェック!
例文つき! 「あいみつ」の意味とビジネスシーンでの使い方【スグ使えるビジネス用語集】

■グロースハックが持つ言葉の意味とは

グロースハックという言葉はgrowth(=成長)とhack(=仕組み化する)の2語を組み合わせて作られた言葉です。IT業界でよく使用されているグロースハックという言葉ですが、その名の通り企業や商品を成長させるための手段や過程を意味しています。

例えば今ひとつ人気が出ない商品の売り上げを上げたいと考えたときに、マーケティングをしたり、オンラインショップのレイアウトを変更したりする行為がグロースハックに当てはまります。

■グロースハックはどんなときに使えばいい?

例えばオンライン上で積極的に販売していきたい商品があるとします。しかし現段階ではその商品の売れ行きは芳しくない。このような場合、当然のことながら運営側は売り上げを伸ばす方法を考えます。

その際にマーケティングとしてアンケートをとったり、その結果を参考にして商品内容の変更を行ったりする行為を「グロースハックする」と表現することができます。商品開発と販売では部署が異なることがほとんどですが、グロースハックでは商品開発から販売、顧客フォローまでを一つのチームが担当するため、全体的な見直しを行うことが可能です。そのため、グロースハックという言葉を使用する場面は多岐に渡ります。

消費者にアンケートをとる行為を「グロースハックをする」ということができますし、ウェブサイトのレイアウトを変更する行為も「グロースハックをしている」ということができます。使用範囲が広いため、最初は使い方に戸惑ってしまうことがあるのかもしれません。

次のページグロースハックの使い方がわかる例文をチェック

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る