ビジネスマナーの基本を押さえよう! 新社会人が守るべき4つのルール

2016/11/10

対人マナー

◆新社会人のマナー3 基本のビジネスマナーを押さえる


社会人となり、まず大切にしなくてはならない事は挨拶や敬語などの基本的なビジネスマナーでしょう。基本を押さえる事で相手に好印象を与える事ができます。まずは「ご苦労様です」などの間違った挨拶をしていないか注意しましょう。これは目下の人に使う挨拶です。「お疲れさまです」が正しい挨拶です。謝罪時の「ごめんなさい」「すいません」はビジネスシーンでは使われない言葉です。「恐れ入ります」「申し訳ありません」を使用しましょう。上司に何か頼まれたとき、つい使ってしまいがちな「了解しました」は敬語ではありません。「かしこまりました」が適切な返答です。このように敬語だと思い使っているが、そうでない場合があります。

◆新社会人のマナー4 自分の仕事に責任を持つ

新社会人として会社に入ると、各自割り当てられる仕事ができます。社会人に必要な気質として、「自分の仕事に関してはきちんと責任を持つ」という事が挙げられます。誰に責任の所在があるのかをはっきりさせておかなければ、何かミスが出たときに問題を解決する人が分からなくなります。そのような状況を避け、一人一人が仕事に対して真摯に向き合うためにも、自分の仕事に最大限の責任を持つように心がけましょう。自分の仕事に責任を持てば、仕事に対するやりがいも持つことができます。

◆さいごに

新社会人として業務に携わると、今までのようにバイト感覚では仕事ができなくなることが分かります。責任の所在が誰にあるのか、上司ではなく自分にあるという事も学生時代とは大きな差になるでしょう。自分が会社の中に溶け込むためにも、すべきことが何なのかをしっかりと把握するようにしてください。そして必要があれば、しっかりとノートにまとめて管理を行うように心がけましょう。毎日の積み重ねを行うことで、そのうち一生懸命作成したノートから卒業できる日が来るでしょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る