新入社員のベストな出社時間は何時? 出社時間を早めるメリット3つ

2016/11/15

入社準備

◆出社時間を早めるメリット2 上司や同僚とコミュニケーションが取れる


出社時間を早めることによるメリットとして次に考えられることは、すでに出勤している上司や同僚とコミュニケーションが取れるということです。普段仕事ではできないような話をすることができます。先輩方や上司はあなたより何年も社会経験を積んでいます。その分、あなた以上に知っていることもたくさんあるのです。あなたが知らないような世界を教えてくれる機会を逃さないようにしましょう。先輩方や上司が教えてくれることは、今すぐ役に立つということではないかもしれません。しかし会社で仕事をしていくと、いつか意外なところで役に立つこともありますよ。

◆出社時間を早めるメリット3 万が一のときも遅刻を防げる

出社時間を早くすることのメリットとして一番多いのは、やはり遅刻を未然に防ぐことができるということです。電車での通勤になると、どうしても事故などの関係で遅れてしまうことがありますよね。余裕をもって出社をしていれば、電車が遅れたとしても始業時間ぎりぎりに出社することができます。遅刻であったり延着になって周囲に迷惑をかけるという事が少なくなります。安心して業務を遂行するためにも、出社には余裕を持っておくとよいのではないでしょうか。

◆さいごに

出社時間を早めることで得られるメリットはたくさんあります。もちろんここで話した以外にも、健康管理をきちんと行うことができるなど、よいこと尽くしということが言えるでしょう。自分の健康のため、仕事のためにも出社時間を早めて、自分なりに仕事をしやすい環境をつくるように心がけましょう。仕事がしやすい環境を自分で作ることによって、仕事に対する情熱をしっかりと伝えることができますよ。新社会人としてできることから始めてみましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

入社準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]