例文つき! 「あいみつ」の意味とビジネスシーンでの使い方【スグ使えるビジネス用語集】

2016/10/31

電話・メール

オフィス中の会話で、上司から部下に「あいみつ取っておいて」という指示出しを聞いたことはありますか? ここで気になる「あいみつ」というビジネス用語。知っておかないと将来恥ずかしい思いをするかもしれません。今回はこの「あいみつ」について、その意味と使い方を例文つきで解説します。何の言葉の略だかわからない人は、今すぐチェックしてみましょう!

■「あいみつ」の意味

あいみつとは、「相見積もり(あいみつもり)」を略した言い方です。ビジネスシーンでは前の4文字だけを取って「あいみつ」と呼んでいます。

「相見積もり」は、複数の業者から同じ条件で見積もりを出してもらい、料金を比べることを指します。名詞につく「相(あい)」には、「一緒に」「ともに」という意味があり、1つだけではなく複数の見積もりを揃えることを示しています。

わかりやすい例を挙げると、個人ではよく車の修理や引っ越しを行いたいときに、複数の業者から見積もりをもらって費用を比べることがあります。これも相見積もりです。最近ではインターネットを使った「一括見積もりサイト」も増えていて、ビジネスシーン以外でもあいみつを取る機会は増えてきました。

■「あいみつ」の使い方

ビジネスシーンにおいては、仕事を発注したいときや何らかの製品を購入したいときに、あいみつ(相見積もり)が必要になります。とあるプロジェクトの依頼を行いたいときに、1社の見積もりを見ただけでは、その企業の提示する費用が好条件かどうかはわかりません。そこで、どの企業と契約を結ぶか決めるために「あいみつを取る」というステップを踏みます。

また、場合によっては「今回はあいみつだけではなく、コンペも実施する」というシーンもあります。建築物のように品質や安全性などが求められるときには、ただ安いだけではなく、質やサポート体制も含めて考慮していきます。

次のページ次は「あいみつ」の例文をチェックしよう!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]