社会人の仕事用の私服はどうする? 大切なのはバランス感覚!

2016/07/09

身だしなみ・ビジネスアイテム

仕事にはスーツで行くものであり、職場では常にスーツ姿でいなければならないという時代は変化しつつあります。欧米の影響やクールビズの必要性が高まり、職場での服装が私服というケースも多くなりました。

しかし、スーツの方がかえって何も考えなくて楽だという人もいます。私服が当然の現場で働けるようにするために、社会人で私服で仕事をするためにはどのようなことに注意したらいいかを知っておきましょう。

■清潔感と動きやすさは何よりも大切

社会人ならスーツを着て職場に行かなければならないという常識はだんだんと薄れ、職場での服装が私服になる傾向は徐々に強まってきています。私服で職場に行くといっても何を着てもいいわけではなく、社会人としての基本的なマナーを踏まえたした上で服装を選ばなければなりません。

選び方として何よりも大切になるのが清潔感と動きやすさです。他人を不快にさせないのは社会人として基本的なマナーであり、服装において最も重要になるのが清潔感です。汚れやシワが目立たないといった基本的なポイントは必ず抑える必要があります。

そもそもなぜ多くの職場がスーツではなく私服での勤務にシフトしているのかというと、実用性のため、という理由がもっとも多いです。そのため、私服を選ぶ際は、動きやすさも重視して選ぶとい

いでしょう。スーツではないものの、しっかりとしたジャケットに見を包んでは、私服が奨励されている意味を誤解している人と思われてしまうかもしれません。社会人の私服は、清潔感があり、動きやすくて楽な服装を選ぶのが基本です。

■TPOは常に意識しよう

私服通勤の職場では毎日同じようなコーディネートで衣類を選んでくればいいのかというとそうではありません。日常的な業務を行うだけの場合にはそのパターンに応じて適切な私服が選んであれば問題ないのは確かです。しかし、仕事内容に変化があるときには状況に応じた服装を選ばなければならないと心しておきましょう。TPOを常に意識して何を着てくるかを選ぶように要求されていると理解しておくことが大切です。

社内の同じ部局内で働いている限りは、いつもの服を着ていれば差し支えありません。しかし、ある日に社外からの来客がある予定ができたり、他社を訪問して交渉を行うことになったりする場合もあります。その日には相手の目線で服装を考えるのが社会人として最低限必要なマナーです。相手がスーツを着るのが一般的な会社であればそれと同等以上の服装を心がけなければなりません。また、それとは逆に、相手に応じてよりラフな私服が好ましいケースもあります。例えば、出張で子供たちを相手にする現場もあるでしょう。その場合にはスーツに身とまとってしまうと子供からは遠い存在に感じられてしまう可能性も。普段通りか少しラフな格好をする方がコミュニケーションを円滑にするのに役立つでしょう。

次のページビジネスカジュアルの基本は?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

身だしなみ・ビジネスアイテムの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]