社会人にふさわしいビジネス用腕時計の選び方・注意点3つ

2015/11/02

ファッション全般

社会人にふさわしいビジネス用腕時計の選び方・注意点3つ

社会人になったら、ビジネス用に腕時計を持つ必要があります。最近は、携帯電話を時計代わりにしている人がいますが、ビジネスの場では、携帯電話を時計代わりに使うのは、良いことではありません。ビジネスの場に相応しい腕時計の選び方をご紹介します。
【携帯電話は腕時計代わりにはならない】

商談中に携帯電話を時計代わりに机に置く人がいますが、これはビジネスマナー的に良くありません。携帯電話の役割は、あくまで電話としてのものであり、いつかかってくるか分かりません。大事な商談や会議の途中に携帯が鳴れば、相手に気を遣わせてしまいます。
また、商談や会議中に、携帯電話を触ったり見たりしているのは、良い印象を与えません。商談中は携帯電話はマナーモードにして、かばんにしまっておきましょう。スマホも携帯電話と同様です。時間の確認は、腕時計で行うのがスマートな方法です。腕時計をしていないと、ビジネスマナーに違反していると感じる方もいらっしゃいますので、社会人になったなら、腕時計は是非とも用意しましょう。

【ビジネス用の腕時計の選び方】

腕時計には色々な種類がありますが、ビジネス用として相応しいのは、見やすく時間が分かりやすいものです。尚かつ、あまりにファッショナブルすぎるものやデザインが奇抜なものは、プライベート用としては構いませんが、オフィス用としては相応しくありません。
また、ビジネスシーンでは時間厳守がとても大切です。客先との約束の時間に遅れてしまっては、信用を失ってしまいます。最近は時間の狂いの無い電波時計も増えてきているので、ビジネス用としておすすめです。

【おすすめの腕時計とは】

腕時計は、割合人の目に触れやすいアイテムです。特に男性の場合は、皆が割合似た雰囲気のスーツを着ていますので、ジャケットからちらりと見える時計は、その人の個性を感じさせるものです。ビジネス用の腕時計を選ぶ場合、あまり安っぽすぎるものは避けます。だからといって、高級腕時計を若いうちからしていると、上司や先輩社員から生意気だと思われてしまう可能性がありますので、相応しくありません。
社会人として最初に買うのであれば、値段的には5万円以内くらいの国産品のフォーマルな時計がおすすめです。5万円以内ですと、先輩や上司よりも高い時計になってしまう可能性が低いからです。フォーマルな時計は、黒の革ベルト、白い文字盤、3針のタイプのもので、冠婚葬祭などの時に着けていて違和感の無いものです。

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ファッション全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]