「3日を12円で過ごす」「ティッシュにマヨネーズ」もはやサバイバル!? ガチ過ぎる貧乏エピソード

2015/07/13

貯金・節約


学生時代に仕送りが少なかったり、給料日まであと一週間あるのにお金がないなど、誰でも「財布がピンチ!」になるときはありますよね。そんなとき、どうやって乗り切ってきたのでしょうか? 社会人のみなさんに「ガチすぎる貧乏エピソード」を語ってもらいました。

■台所がお風呂場

・風呂なしアパートだったので、水道水で頭を洗っていた(男性/35歳/団体・公益法人・官公庁)

・お風呂に行く金がないので台所で身体を洗った(男性/39歳/情報・IT)

貧乏なときは「お風呂が家にないから近くの銭湯へ」なんて言ってられません。他に水の出るところと言えば台所のみ。となると、そこで体を洗うしかないんですよね。

■ライフラインが止まった

・支払いがかなり遅れてしまい、電気が止められた友達のこと。夜は懐中電灯で生活しているらしい(女性/24歳/食品・飲料)

・電気水道ガスを全て止められて、家賃滞納でアパートも追われて私の家に転がり込んできた友人(男性/31歳/機械・精密機器)

電気や水道、ガスなどが払えなくて止められると、まさに「生活するための最後の糸が切れた」状態。懐中時計で生活したり、友人宅へ転がり込んだりして乗り切った人もいるようです。

■モヤシは強い味方

・給料日前財布に12円しかなかったので残り3日間を米ともやしだけで過ごした(女性/28歳/金融・証券)

・一週間モヤシ9袋と卵2パックで乗り切った(女性/23歳/マスコミ・広告)

給料前は特に「ガチ貧乏」になりやすいですよね。いつものおかずが買えないときの味方と言えばモヤシ! 安いし量があるので、調味料さえあれば立派なおかずになります。

次のページおかずのかわりに食べたものとは……!?

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

貯金・節約の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る