マルチリンガルに聞く! 「働きながら語学を会得&向上させる方法」

2013/02/14

対人マナー



仕事の幅を広げたり、海外旅行に行ったりするときのために、外国語を習得したいという人は多い。けれど、多忙な毎日の業務に追われ、なかなか勉強の時間が確保できず、挫折してしまう人が多いのが現実。忙しくても語学力をアップさせられる方法があればいいのに! 誰か教えて!

▼こちらもチェック!
夢を叶える自分になる!「目標実現力」診断

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、4カ国語を話せる社会人女性の百木美朱さん(仮名)。働きながら語学力をアップさせる方法を聞きました。

■語学力アップに欠かせないのは「単語量」

「語学力アップの近道は、たくさんの単語を覚えること。おすすめの暗記法は、単語やフレーズを耳で聴いてインプットし、声に出してアウトプットしながら体に覚えさせる方法です。取引先の方の名前も、何度も足を運んでお客さんの名前を呼ぶことで、自然と覚えますよね。言語も同じで、声に出してアウトプットすることで、より身につきやすくなりますよ」

人が何かを覚える行程に欠かせないインプットとアウトプットの作業。バスタイムや眠る前のリラックスタイムなど、ほんの少しのすきま時間にできそうです!

■ぶ厚い参考書を購入する必要はない! 読むべきは「中学の教科書」!?

「最低限の文法を身に付けていなければ、その後の成長は見込めません。ただし、ぶ厚い参考書を購入して難しい文法を覚えるのではなく、まずは簡単そうな薄い文法本を購入し、何度も読んで完璧に覚えてみてください。英語であれば、中学の教科書で十分。まずは簡単な文法を使いこなせるようになってください」

仕事で疲れて帰ってきてから、机にかじりついてぶ厚い参考書を読むなんて、長続きしそうにありませんよね。薄くて簡単な中学の教科書なら、当時を懐かしみながら読み返せるので効果的かもしれません。

次のページ語学上達への近道とは?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]