常務、専務、主任、係長は? 会社の肩書って英語だと何て言う?

2015/05/28

ビジネス用語

常務、専務、主任、係長は? 会社の肩書って英語だと何て言う?

日本語での表記が表面、裏面には英語で表記という名刺を持っている人もいらっしゃるでしょう。あなたの会社での肩書は英語で何と書かれているでしょうか? 今回は、会社の役職、肩書を英語でいうとどうなる? というお話です。

▼こちらもチェック
即効!英文ビジネスメールの書き方5つのコツ

■それぞれの役職は英語でなんという?

まず、この「肩書」を英語で何というかご存じでしょうか? 「役職」という意味では「position」(ポジション)です。また普通は「title」(タイトル)で通じます。

では、日本語の肩書は英語でどうなるかを見てみましょう。

会長:Chairman(チェアマン)
副会長:Vice Chairman(バイス・チェアマン)
社長:President(プレジデント)
副社長:Vice President(バイス・プレジデント)
専務:Senior Managing Director(シニア・マネージング・ディレクター)
常務:Managing Director(マネージング・ディレクター)
取締役:Board Director(ボード・ディレクター)
監査役:Auditor(オーディター)
部長:Department Manager(デパートメント・マネージャー)
課長:Manager(マネージャー)
係長:Senior Staff(シニア・スタッフ)
主任:Chief(チーフ)

■日本の「社長」は「CEO」!?

ここで紹介したのはあくまでも一般例です。その会社の規模、システム、ガバナンス、それぞれの肩書が担当する実際の役務、などによって別の表記にする方が望ましい場合があります。例えば、「社長」の名刺を作る際に現在では「CEO」(Chief Executive Officer)と英語で入れることが多いようです。

しかし、普通CEOは「最高経営責任者」と訳されます。日本とアメリカではそれぞれ会社法によって規定される権限が違いますので、一口に「CEO」でいいかは実は疑問です。CEOを「代表取締役」に当たると捉え、Presidentが社長ですから、代表取締役社長の場合には、「President & CEO」と表記することも少なくないようです。

1ヶ月でTOEIC750点を目指す!


次のページアメリカの事例、日本の事例

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る