女子大生に聞いた、好きだった少女マンガ誌ランキング! ちゃお、なかよし、りぼん何派だった?

2015/03/07

社会人ライフ

女子大生に聞いた、好きだった少女マンガ誌ランキング! ちゃお、なかよし、りぼん何派だった?

今でも多くの女子たちのハートを掴んでやまない少女マンガ誌。さまざまな少女マンガが、テレビドラマ化されたり、アニメ化されたりと、メディアでも影響力がありますよね。今回は、女子大生に聞いた、「少女マンガ誌」に関するエピソードをご紹介します。

▼こちらもチェック!
思わず恋がしたくなる!? 胸がトキメク少女漫画の告白5選「フルーツバスケット」「僕等がいた」


■子どもの頃好きだった少女マンガ誌はなんですか?

第1位 ちゃお 136人(45.3%)
第2位 りぼん 131人(43.7%)
第3位 なかよし 75人(25.0%)
第4位 花とゆめ 34人(11.3%)
第5位 少女コミック 16人(5.3%)

今も根強い人気のあるりぼん・ちゃおの2誌が1・2位に並びました。5位以下には、マーガレットや少女フレンドなどが続いています。

■少女マンガ誌にまつわるエピソードは?

第1位 ちゃお

・ちゃおにイラストを送りまくっていた(女性/22歳/商社・卸内定)
・ちゃおのマンガに憧れて小学生のころから描き始めたおかげて美大に通うことになりました(女性/26歳/マスコミ・広告内定)
・キスシーンにかなりの憧れがあり、その絵をひたすら真似て描いていた(女性/22歳/情報・IT内定)
・欲しかった付録をなくしてしまい、もう一度付録のために購入した(女性/22歳/情報・IT内定)
・トレーシングペーパーを使って絵を模写していたこと。付録のコロンをいろんなところにつけていた(女性/21歳/小売店内定)

少女マンガの世界に憧れて、自分のイラストを投稿する方も多かったようですね。掲載されたイラストは、そっくりだったりかわいらしかったり、見ているだけでも楽しかったですね。中にはイベントで先生に会いに行ったというエピソードも!

第2位 りぼん

・好きな作家さんのカラー表紙は切り抜いて壁に貼ったり、模写していた(女性/30歳/アパレル・繊維内定)
・パティシエの漫画に出てくるお菓子をレシピを調べて作っていた(女性/23歳/運輸・倉庫内定)
・漫画家に憧れて自分で漫画を作ったことがあり、今でも取っておいている(女性/22歳/小売店内定)
・好きなマンガがたくさんあったのでコミックスが多くなりすぎて母に怒られた(女性/22歳/小売店内定)
・りぼんのイベントに毎年足を運んでいた。そのくらいはまっていた(女性/22歳/金融・証券内定)

イラストをまねて描いてみるのは、女の子にはよくありますよね。人気キャラクターを描いてみるのは楽しいですよね。中には登場したお菓子を真似て作ってみたというツワモノも。

第3位 なかよし

・カードキャプターさくらの主人公がけなげで、世界観もファンタジーで感情移入しながら楽しんでいた(女性/21歳/食品・飲食内定)
・初めて先生に手紙を出して、返事がきたこと。まさか来るとは思ってなかったのでびっくりして、いまだに大切に保管している(女性/21歳/小売店内定)
・付録のクリアファイルなどを使うのがもったいなくて、いまだに使えずにきれいなまま残っていて、良き思い出の品になっている(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁内定)
・ある学園もののストーリーに憧れて、登場人物をもじったあだ名を友だち同士でつけていた(女性/25歳/機械・精密機器内定)

登場人物に共感してしまうシーンってよくありますよね。あっという間に読んでいる時間が過ぎてしまうなんていうことも。また、作家の先生に手紙を出した方も多いようですね。そんな先生から返事が来ると本当に驚きますよね。

第4位 花とゆめ

・フルーツバスケット主人公の透のような性格に憧れていたから(女性/22歳/アパレル繊維内定)
・応募者全員プレゼントが楽しみでよく応募していた(女性/22歳/自動車関連内定)
・少しでも早く新しい話を読みたくて、(お金がなくて毎月は買えなかったので)わざわざ隣町の本屋さんまで自転車でいって立ち読みをしていた(女性/22歳/アパレル・繊維内定)

発売日が待ち遠しくてしょうがなかったですよね。少し遠くても、急いで本屋さんへ買いに行ったという方も多いのではないでしょうか? 「応募者全員プレゼント」も応募したくなりましたね。

第5位 少女コミック

・少女コミックの作品に登場する男性に恋していた(女性/22歳/生保・損保内定/少女コミック)
・貸し借りが多かった(女性/22歳/電機内定)

登場する男性はみんなカッコよくて憧れましたよね。友だち同士で貸し借りして、内容について話をしたりと、とても盛り上がりましたものです。

子どもの頃に読んでいた少女マンガ誌。思い出して、懐かしくなりませんでしたか? 夢中になって、友達と話をしてまた楽しめる、そんな少女らしい時期を過ごした思い出は大切にしたいものですね。今でも大切に持っている方は、ぜひもう1度見てみたくなるのではないでしょうか?

文 ロックスター

調査時期:2014年12月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:女子大学生300人

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る