射撃部・ホラー研究会・鳥人間部......、実は気になっていたサークル・部活は何?

2012/02/05

付き合い・人間関係

大学生活の醍醐味といえば、サークル活動や部活動! 大学に入学したてのころ、あまりにたくさんのサークルや部活がありすぎて、「どのサークルに入ろう?」とあれこれ迷った思い出はありませんか? そして、結局はどれかに絞らなければならないんですよね(かけもちも可能ですが......)。そこで、今回は学生250人に「実際に入らなかったけれど、実は気になっていて入るかどうか迷っていたサークル・部活は何か」と聞いてみました。

【気になっていたスポーツ系サークル】

●射撃部。射撃の張り詰めた雰囲気が気になった。学外では絶対にできないと思った(京都大学/男性/24歳)
●弓道部。袴がかっこよかったから(大阪市立大学/女性/23歳)
●くまのみ(スキューバダイビングサークル)。きれいな海で泳ぎたかった(東京農工大学/女性/25歳)

中学や高校の部活にもあったような野球やサッカーなどのメジャーなスポーツよりも、射撃や弓道、スキューバダイビングなど、なかなかやる機会のないスポーツ系サークルが気になっていた人が多いようです。

【気になっていた音楽系サークル】

●軽音楽部。かっこよくギターを弾きたかったから(東京大学/女性/24歳)
●ブルーグラス同好会。陽気なカントリーミュージックを演奏するサークルで、雰囲気が楽しそうだったから(東北大学/女性/22歳)
●クワイヤ。学内のチャペルで演奏できるから(東京女子大学/女性/22歳)

音楽系サークルで最も多かったのは軽音楽部でしたが、そのほかにブルーグラス・ミュージックやマンドリンのサークルなどが気になっていた、と答えた人も。「楽器を演奏してみたい」、あるいは、現在、吹奏楽部などの音楽系サークルに入っていて「違うジャンルの音楽にチャレンジしてみたかった」というような理由が多く見られました。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]