読み切りのときと連載で設定が変更された人気漫画5選! どこが変わったの?

編集部:はまみ
2016/07/07
学生トレンド
あとで読む


漫画作品は、まず「読み切り」という1話完結の作品が掲載され、そこで人気を獲得した場合にそれを基にした作品の連載がスタートする、というパターンが多く見られます。連載作品は読み切りをベースにしますが、キャラクターデザインが違ったり、設定が微妙に異なることがほとんど。そこで今回は、有名漫画の読み切りと連載版の「設定」について、どのように違っているのかをピックアップしてみました。

●『ONE PIECE』の場合

『ONE PIECE』は、連載前に『ROMANCE DAWN』というタイトルの、内容や設定が異なる読み切りが2度掲載されました。1度目は『週刊少年ジャンプ』の増刊号である「1996年Summer Special」(SS版)、そして2度目は本誌の1996年41号(WJ版)に掲載されています。

連載版では、ルフィの頬に自分でつけた傷がありますが、SS版、WJ版ともにこの特徴的な傷がありません。またルフィがシャンクスからもらった麦わら帽子は、WJ版では祖父からもらったものになっています。他にも海賊の種類が無法者「モーガニア」と、彼らを取り締まる「ピースメイン」の2種類に分かれているというのも、読み切りと連載版の大きな違いでした。

●『食戟のソーマ』の場合

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気料理漫画。2012年52号より連載がスタートしましたが、その前に『少年ジャンプNEXT!』で読み切り作品が掲載されています。

連載版は実家の定食屋『ゆきひら』でひと騒動があった後、料理学校である遠月学園に入学しますが、読み切り版ではすでに遠月学園に入学した状態から物語が始まります。主人公の幸平創真の髪形や顔つき、服装も異なっていました。またヒロインの薙切えりなの側近は連載版では女性ですが、読み切りは男性でした。

●『BLEACH』

『週刊少年ジャンプ』で、2001年の36・37合併号から連載がスタートした『BLEACH』ですが、それ以前に『赤マルジャンプ』の2001WINTER号に読み切りが掲載されています。

主人公・黒崎一護が、突然現れた死神の手伝いをすることになるというコンセプトは連載版と同じで、メーンの登場人物も同じです。ただ、幾つか相違点があり、例えば、一護の家が連載版は町医者ですが読み切りは葬儀屋で、また朽木ルキアが死神の力を一護に渡すと小さくなるなど、微妙に設定が異なりました。ギャグ要素が連載版より濃いのも特徴です。

次のページDEATH NOTEはどこが変わった?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催