今、大学生に夜行バスが熱い! 旅を安く、賢く、効率よくするなら夜行バスがおすすめな理由【学生記者】

ゲキカラ太郎
2016/04/25
学生旅行
あとで読む

こんにちは、国士舘大学3年の三枝です。大学生になると高校時代に比べ、お金や時間に余裕ができ、今まで以上に自由に行動できるようになります。アルバイトなどで貯めたお金で、大学の春休みや夏休みなどの長期休業中は友だちや恋人と旅行に行ったり、サークルやゼミで合宿に行ったりする人も多いですよね。旅行への期待を膨らませつつ、楽しくプランを作っているときにこんなことを思ったことはありませんか? 「もっと安くならないかな……」。そんなお悩みを解決するのが夜行バス! ここでは、旅を安く、賢く、効率よくするために夜行バスを使う方法をご紹介します。

■夜行バスの予約から乗車まで

まず夜行バスは予約から始まります。事前予約制・定員制なので、インターネットで各バス会社などのサイトからweb予約をし、その後、クレジット決済や銀行振込、コンビニ決済などで支払いを完了させてください。支払いが確認されると、紙状の乗車券またはケータイ画面上に表示される電子乗車券が発券されます。最後は、当日乗車券を用意のうえ、バスに乗り遅れないよう乗車するだけです。申込・支払・発券方法は各バス会社や申込サイトによって異なるので、よく注意事項を読んでから申し込みましょう。

■夜行バスに乗車するメリット

夜行バスのよいところはなんといってもその安さ! 例えば、東京~大阪間の料金を新幹線と夜行バスで比較してみましょう。新幹線東京~新大阪間の自由席(乗車券+特急券)の片道料金は13,620円、東京~大阪間の夜行バスは一番安い価格帯であると、3,000円代のバスもあるので、新幹線に比べると1/4以下の料金で大阪に行くことができます。その浮いたお金で、旅先での食事を少し贅沢にしたり、宿泊先をワンランク上のホテルにしたりすることもできます。その他にも、夜行バスは朝早く着いて夜遅く出発するので、余裕をもって旅のプランを組むことができ、旅先での観光をゆったりと過ごすことができます。

■さまざまなニーズに応える夜行バス

みなさんは夜行バスにどんなイメージを持っていますか? 一般的に持たれているイメージとして、狭い、眠れない、トイレが心配、プライバシーが守られていない……などがありますが、今時の夜行バスは心配ご無用! 夜行バスへの需要が高まるとともに、利用者のさまざまなニーズが広がりをみせており、バス会社はニーズに応えるため多様な展開を行っています。例えば、座席が3列シートや個室型になっていたり、トイレ付き車両や女性専用車まであります。また最近ではバスだけでなく、バス待合所でも快適性が向上され、パウダールームやシャワールーム、充電スポットの設置がある待合所もあります。

夜行バスに乗ることにより、旅を安く、賢く、効率よくできるのはもちろんですが、新たな発見があり旅に対する概念がガラリと変わるかもしれません。ぜひ、友人や恋人、サークルでの旅行に夜行バスという新しい選択肢を増やしてみてはいかがでしょうか?

<大学生のまずこれステップ>
1.旅の計画や予定を簡単に立てる
2.具体的な旅程を友だちや恋人とともに決める
3.交通手段に夜行バスを選び、検索、そして予約!
http://www.bushikaku.net/
☆オススメのバス
WILLER EXPRESS http://travel.willer.co.jp/(便数と席のバリエーションが豊富!)

文・三枝 豪

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催