『M-1』1回戦突破! 有名人を多数輩出している同志社大学の「喜劇研究会」の名コンビを取材! 2ページ目

学生の窓口編集部
2016/01/06
大学生インタビュー
あとで読む

■『M-1グランプリ』1回戦通過! 「G-1」では3位入賞!

――『スプラッシュトレイン』の活躍はいかがでしょうか。

平田さん けっこう頑張ってはいます(笑)。2015年に復活した『M-1グランプリ』の予選にエントリーして1回戦は通過しました。

――それはすごい!

平田さん アマチュアの予選合格率って7%といわれていますので……。うち(喜劇研究会)からは『じゃがいもタルト』というコンビも通過しました。二組ともその先へは残念ながら進めませんでしたが……。

また『大学生M-1グランプリ』という、大学生を対象にしたお笑い大会の決勝があるんですが、映像審査で受かってそのファイナリストにも選ばれました。関西からは僕ら『スプラッシュトレイン』だけだそうです。

――なるほど。

平田さん 「G-1」と呼ばれる『全日本学生お笑い選手権』というお笑いの大会があるのですが、12月20日に行われた「2015大会」では、3位に入りました。2014でも3位だったんですけど……(笑)。

↑「G-1」で3位表彰を受ける『スプラッシュトレイン』。

↑優勝できなかった悔しさは出ている!? ちょっと硬い表情の二人です。

――活躍されていますね! プロの漫才師と競う経験をお持ちですが、実際戦ってみてってどんな感想でしたか?

平田さん 全然レベルが違うよ、と思います。実際にやってみると「笑いに持っていくまでのレベル」がアマチュアとは全然違います。見せ方の「パス」といいますか、お客さんに伝える力の部分でかなわないと思います。

例えば、「ボケの内容」なんかは僕たちでもプロのレベルにかすることができるかもしれないけど「お客さんに伝える力」はかすりもしないというか……。こういうのは実際にやってみてこそわかることだと思うんですが。

――なるほど。でも足りないことがわかっていることは大事なのでは?

平田さん そうかもしれませんね。舞台に立って演者をやるとわかるんですが、お笑いって難しいんですよ。すごく難しい。

――例えば同じサークル内の他のコンビにライバル意識はあるものですか?

平田さん それはやっぱりありますね。フェアなライバル意識というか。同期に『じゃがいもタルト』というコンビがいますが、彼らはとても優秀で、やっぱり負けたくないと思います(笑)。でも、そのおかげで頑張れているんですよ。一生懸命練習したりとか。それはライバルがいるからこそだと思います。

――平田さんはこれからお笑いの道に進まれますか?

平田さん どうしようか考えています。お笑いは好きで、本当に好きなんですが……。気持ち的には五分五分でしょうか。ただ相方は大学を卒業したら絶対公務員になるとずっと言っていますので(笑)。ですから、もしお笑いをやるにしても一人になるので。考えているんですが……難しいですね(笑)。

――ありがとうございました。

平田真也さん、佐久間一樹さんのコンビ『スプラッシュトレイン』はなかなかの活躍振りです。彼らはまだ来年もう一度チャンスがあります。『M-1』『大学生M-1グランプリ』『全日本学生お笑い選手権』など、大きな大会でさらなる上位を目指して、大学生最後の年の挑戦が続きます!

⇒同志社大学『喜劇研究会』公式サイト

http://doshishakigeki.web.fc2.com/

写真提供:平田真也さん

(高橋モータース@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催