食事の席などで、席の遠い人への取り分けのマナーは?

2006/10/27

飲み会・宴会

先日内定者懇談会で、飲み会がありました。各席に取り皿がおいてあるときに、席が遠い方に食事を取り分ける仕方が分からなくて困りました。自然に取り分けられる方法を教えてください。


★楢木さんからのアドバイス

大皿の料理を銘々皿に取り分けようというのですね。

もし内定者同士であれば、各自が自分の分を取り分けたり、大皿を回しあうのが良いと思います。

しかし目上の方などが同席されている場合、まずは相手のお皿に取り分けようと考えるのは良い心得だと思います。あるいは親しい仲間同士でも、親切に取り分けていただくことはうれしいものです。ご質問は、そんな場面でのことでしょう。

テーブル席に着いた者同士で銘々皿に取り分ける場合は、おいてあるお皿に取り分けるのではなく、お皿をいただいて、自分の手元近くで取り分けるやり方が無難です。
こぼしたり、身を乗り出したりしなくて済むからです。 大皿を少し自分に引き寄せ、銘々皿に取り分けて相手にお渡しします。
「お取りいたしましょう」と申し上げて、銘々皿を相手からいただきます。相手がお話に興じられているときは、自分のお皿に取り分けて差し上げ、「そちらのお皿をいただきましょう」と申しあげても良いかも知れません。

日本では取り分けは女性の仕事、目下の仕事のように思われていますが、男性が率先したり、目上の者がゆったりと取り分けるのも心地良いシーンです。

とくに取り分けるのに少し骨が折れる場合、腕を上げたり力が必要な場合は、男性の仕事だと心得ておきたいものです。



■回答:楢木 望(ならき のぞむ)

1948年東京生まれ、千葉大学教育学部卒業。1971年リクルート入社。「月刊就職ジャーナル」編集長など歴任。1985年にライフマネジメント研究所設立。採用・教育・就職コンサルタント。ニューズレター「採用と人材の手帖」発行人。「内定者のための学習メールマガジン」開発。メールマガジン「キャリア・キッチン」発行。http://www.lmi-tokyo.com


関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

飲み会・宴会の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]