フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

希望していた事務職で内定したのに、介護職へ変更をされてしまいました

2007/01/22

内定者Q&A

希望していた事務職で内定したのに、介護職へ変更をされてしまいました

私は昨年(編集部注:2006年)の9月に医療・福祉関係の組合から内定を頂きました。求人職種は幹部候補総合職で(事務)だったので受験しました。ところが今月に入って介護職で働いてくださいと言われました。私は事務の仕事を希望していたのでとてもショックでした。最初は色々な施設で働くことはとても勉強になるかもしれませんが、私が他の企業の求人を見ていて一番避けていた職種になってしまいました。私はヘルパーの資格を持っていたので、面接時に「3年くらい介護をやってから事務でも大丈夫?」と聞かれ、「はい」と答えてしまったので仕方ないのかもしれません。

でも、やはり自分のやりたい仕事に就きたいと思っています。ですが、今からでは就職先を見つけるのは難しいですし、会社や学校に迷惑をかけてしまうので困っています。2月から職安で新卒者も斡旋してくれるので探したいと思うのですが、内定を取り消して最初から就活をして見つからなかった場合を考えてとても悩んでいます。内定先より給料が安くてもやりたい仕事をしたいのですが、やはり周りからは「もったいない」、「働いてみてからやめるかどうか決めた方がいい」と言われます。

後、ギリギリになってから内定辞退すると私のために準備した物の分のお金を請求されると聞きました。その場合どのくらい請求されるのでしょうか。 そして、私は、やはり内定を頂いた企業で働いたほうがいいのでしょうか。

★楢木さんからのアドバイス

まず内定辞退をしたら損害請求があるかどうかですが、現実的にはないと考えた方がいいでしょう。ただ不愉快な断り方、非常識な断り方をしたときは、腹に据えかねて損害請求をされることがあるかもしれません。というのも、あなたのために準備し、ムダになった物事があれば、その分を請求できないわけではないからです。その場合いくら請求されるかは、内定先が準備にかけた金額次第になるでしょう。

さて事務職として内定していたつもりが介護職でやってくださいと言われ、どうすれば良いかということですね。このご相談にお答えするには、是非とも知っておかなければならないことがあります。あなたは事務職を「自分のやりたい仕事」と書いていますが、それはなぜかということです。

経理、財務、人事、総務なども事務職のひとつですが、これらは相応の専門性を持っています。ところが一般に事務職といった場合は、そのような専門ではない、補助的な業務がイメージされます。したがって事務職は、なるべく体を動かす仕事をしたくない、専門的は複雑な仕事には入りたくない、交渉や折衝をしたくない、などの引き算で選ばれることも多く、あなたのように「自分のやりたい仕事」とおっしゃる真意は何だろうか、と考えてしまうのです。

もうひとつ知りたいのは、よりによって一番さけていた介護の仕事を勧められたのは残念な話だと思いますが、その前に「(介護が)一番さけていた職種」というのは、なぜかということです。

あなたが本当に「事務職がやりたい仕事」、「介護が一番さけている仕事」と考えているのなら、まず内定先にそのように働けないかを打診し、ダメだったら何としてでも事務職がやれる会社を探すべきでしょう。

しかし、あなたが仕事や職種というものについて勘違いしているような気もするのです。そうお感じになったら、上に書いたふたつの疑問にお答えいただいた上で、もう一度ご相談ください。


■回答:楢木 望(ならき のぞむ)

1948年東京生まれ、千葉大学教育学部卒業。1971年リクルート入社。「月刊就職ジャーナル」編集長など歴任。1985年にライフマネジメント研究所設立。採用・教育・就職コンサルタント。ニューズレター「採用と人材の手帖」発行人。「内定者のための学習メールマガジン」開発。メールマガジン「キャリア・キッチン」発行。http://www.lmi-tokyo.com


関連キーワード:

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:新生活準備応援特集

内定者Q&Aの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    卒業旅行特集

    ピックアップ [PR]