メタバースの土地とは? 値段・買い方・高騰する理由を解説

2022/07/19

ビジネス用語

仮想通貨が広まり、資産運用の方法も多種多様となってきました。

そんな中で、 Facebook社が社名を「Meta」に変更したことも重なり、メタバースに興味を持った人もいるでしょう。

「メタバースの土地を購入したい」

「メタバースの土地はどうやって購入するの?」

このように考えている方もいるはずです。

そこで今回の記事では、メタバースの土地の特徴や、購入手順について説明しています。(2022年7月時点)

一つひとつ確認し、仮想通貨をつかった資産運用をしていきましょう!

メタバースの土地とはネット上の空間のこと

「メタバースの土地」とは、仮想空間であるネット上のある区画のことをさします。

メタバースは、Meta(超越した)とUniverse(世界)を組み合わせて作られた言葉であり、「ネット上の仮想空間」のことを意味しています。

つまり、メタバースの土地とは、ネット上に作られた仮想空間の中の土地であり、実際に現実にある土地ではありません。

メタバースの土地は、実際の土地と同じように以下3つの行為ができます。

  1. 土地の購入
  2. 土地の貸出
  3. 土地の売却

上手く土地を利用して、生活費を稼いでいる方も中にはいるほど、 メタバースの土地は利用価値が高まっています

メタバースの土地の特徴

メタバースの土地には、以下3つの特徴があります。

  • ・現実世界の土地とは違い価格の変動がはげしい
  • ・法律的に所有を示すことができない
  • ・手続きが簡単

現実世界の土地とは違い価格の変動がはげしい

メタバースの土地は、 需要と供給によって価格に変動があります

現実世界における不動産の価格はゆっくりと変動しますが、メタバースの土地はその変動が激しいです。

以前は60万円だった土地が、今日は100万円になっていたりするため、メタバースの土地を利用して稼ぐことも可能でしょう。

法律的に所有を示すことができない

メタバースでは法律がありません

そのため、自分で購入した土地の所有権を持てず、本当に所有しているのかは不明です。

また、ネット上なのでハッキングされてしまった場合、 自分のものだと示すことができず奪還も難しいでしょう。

手続きが簡単

メタバースの土地は、 実際の土地のような面倒な書類は必要ありません

だれでも簡単に購入することが可能です。

さらに、名義の変更もネット上で簡単におこなうことができるため、資金さえあればすぐに購入できますよ。

メタバースの土地を買う手順

メタバースの土地を購入するには、以下3つの手順を踏んでください。

  • 手順1.土地を購入するメタバースを選ぼう
  • 手順2.仮想通貨取引所の口座を開設しよう
  • 手順3.メタバースにアカウントを作ろう

手順1.土地を購入するメタバースを選ぼう

土地を購入するメタバースを選びましょう

メタバースには様々なプラットフォームがありますが、 全てのメタバースで土地が購入できるわけではありません

土地が購入できるメタバースは現時点での主なものは以下の2つです。

  • ・Decentraland
  • ・the Sandbox

アメリカで大人気のメタバースプラットフォームの一つである、オンラインゲームメタバース「Roblox」も近年土地の売買事業に参入すると表明しているため、 今後はよりメタバースの土地購入も盛んになってくるでしょう。

また、メタバースの土地は常に価格が変動します。

メタバースの土地の価格を常に解析している「MGH」といったサイトを利用し、どの土地を購入するか見定めましょう。

手順2.仮想通貨取引所の口座を開設しよう

メタバースで土地を購入するには、仮想通貨が必要となります。

そのため、仮想通貨の取引所で口座を開設しましょう。

国内には多くの取引所があり、迷う方も多いはずです。

特にオススメなのは、 手数料が無料で、即日換金・出金できる取引所です。

具体的には、以下3つがあげられます。

  • ・コインチェック
  • ・BitFlyer
  • ・DMM.bitcoin

どれもユーザー数が多く、大手の会社です。

不安がある方はこれら3つの内どれかで口座を開設すると良いかもしれませんね。

手順3.メタバースにアカウントを作ろう

最後に、 メタバースでアカウントを作成しましょう。

メタバースのプラットフォームによっては、自身でアバターを作成する必要があります。

必要なものを準備し、アカウントを作成してください。

メタバース上で自身のアカウントがあれば、いつでも土地の購入が可能となります。

メタバースの土地はいくらくらいで買える?


メタバースの土地の価格はピンからキリまであります。

低くて5万円から、高くて100万円など、メタバースの人気や土地供給量によって価格は常に変動します。

昨日が安かったからといって今日も安いわけではないところが、メタバースの土地の特徴でしょう。

メタバースの土地が高騰している理由は?

メタバースの土地が高騰している理由として、 大企業が参入していることがあげられます。

コカ・コーラやSptifyなどが続々とメタバースの土地を購入し、イベントを開催しています。

ネットが当たり前となった今、メタバースによる仮想空間は私達に近い存在となってきました。

そのため、需要があると考えられ、高騰しているのかもしれません。

メタバースの土地は誰でも購入が可能

メタバースの土地は資金さえあれば誰でも購入が可能です。

しかしながら、仮想通貨を使用することもあり、なかなか踏ん切りがつかない方がいるのも事実かもしれません。

近年仮想通貨は下落しつつあるので、慎重に確認した方が良いでしょう。

一方で、 VR技術が発展してきている今、仮想空間は日常生活に浸透しつつあります。

近い将来、人口の半分以上がメタバースで過ごすことも考えられているため、土地の購入を考えることも重要かもしれませんね。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]