メタバースの始め方・やり方の手順を解説!初心者でもできる

2022/07/19

趣味

「メタバースを始めたいけどどれに手をつけたら良いかわからない」

「メタバースを始めるためには何をしたら良いの?」

メタバースという言葉を聞くことが増え、このように考えている方もいるでしょう。

メタバースは仮想空間のことで、 ネット上でもう一人の自分を操作しお金を稼いだり生活することを言います。

近年メタバースはビジネスへの参入も増えてきたため、興味を持っている方も多いはずです。

そこで、この記事では、メタバースで人気のプラットフォームから、始めるための手順について説明しています。(2022年7月時点)

メタバースの人気プラットフォーム

メタバースに人気のプラットフォームはいくつかありますが、ここでは下記4つについて説明します。

  • ・VRChat
  • ・Cluster
  • ・Roblox
  • ・Decentraland

VRChat

VRchatは、アメリカの企業であるVRchat inc.により運営されているVRのプラットフォームです。

アバターを作成することで自分の分身とし、 VRchat上に作成されたワールドを自由に行き来することができます

現在はSteamなどで無料でダウンロードができ、 誰もが簡単にメタバースを始めることが可能です。

VRchatの特徴は、VRの技術とSNSを組み合わせたソーシャルコミュニケーションのツールであり、ネットを通じて様々な人と繋がることができます。

世界で43万人以上のユーザーがプレイしており、日本だけではなく多くの国や地域の人と出会うことが可能です。

VRchatは必ずしもVR機器を必要としません。

そのため、誰もが簡単に初期費用0円で始められる点が魅力的ですね。

日本サーバーも設置されるようになったため、日本での活動も今後期待されるプラットフォームの一つです。

Cluster

Clusterも、VRchatと同様に アバターを作成して様々なワールドに行き来することができるプラットフォームです。

唯一VRchatと異なる点は、アプリ版が存在している点です。

Clusterでは様々な企業がイベントやライブをおこなっています。

無料イベントであれば誰でも開催することができ、限定公開などもできるので使用用途は様々です。

Clusterは日本の企業が運営していることもあり、日本人ユーザー向けのメタバースとなっています。

メタバースは基本的に海外向けが多く、英語表記のせいでやりにくいと感じる方も多くいるでしょう。

しかし、 Clusterは日本語表記されているため誰もが簡単に始めることが可能ですよ。

Roblox

Robloxはアメリカを中心に人気を博しているオンラインゲームプラットフォームです。

メタバースの空間で世界中の人が集まり、様々なゲームをすることができるもので、アメリカでは「放課後はRobloxで集合」する子供も多くなっているそうです。

Robloxは自分で作成したゲームを公開し、収入を得ることができます。

近年Youtuberで大金を稼ぐ子供も少なくありませんが、 Robloxのユーザーの子供の中には、年間1億円稼ぐ子供もいるそうです。

日本ではまだまだユーザー数が少ないですが、海外では今一番流行しているプラットフォームです。

Roblox内のゲームも高度なプログラミングを必要としないゲームを作成することもでき、アイデア次第では簡単に稼ぐことが可能かもしれません。

さらに、音楽配信サービスの「Spotify」もRobloxに「Spotify Island」を開設し、メタバースに参入しています。

まだ日本では知名度が低いプラットフォームではありますが、 近い将来海外のように子供の多くがRobloxを使用するようになるかもしれませんね。

Decentraland

Decentralandは数多く存在するメタバースのプラットフォームの中でも、 一番開発に精力的であるといわれています

実際に、 Decentralandでは土地の売買ができるなど、他のプラットフォームの中でも一番リアルに近いメタバース空間と言えるでしょう。

Decentralandにはすでに39以上の地区が存在しており、一つひとつの地区で役割があります。

市場や、中国人のコミュニティ、建築デザイナーの地域など、一つの世界として楽しむことが可能です。

Decentralandではコカ・コーラなどの大手企業も参入しており、今最も注目を浴びているメタバースといえます。

Facebookのメタバースは初心者むけではない?

2021年、Facebook社が社名を「Meta」に変更しました。

メタバース事業に参入するために、社名を変更したといわれています。

2022年現在Facebookが参入しようとしているプラットフォームは、VRゲームプラットフォームである「Horizon Worlds」といわれています。

しかし、「Horizon Worlds」はまだ日本ではリリースされていません

一方、ゲーム以外のプラットフォームである「Horizon Workrooms」は日本でもすでにリリースされており、話題にもあがったので知っている方も多いでしょう。

「Horizon workrooms」を始めるには、「Meta Quest」というアカウントを作成する必要があります。

Facebookのアカウントを関連付ける必要はありませんが、関連づけることもできるので、すでにアカウントを持っている方はラクチンですね。

しかし、「Horizon Workd」も「Horizon Workrooms」も「Quest」とよばれるヘッドセットを購入する必要があります

このヘッドセットは、安くて37,180円から、高くて49,280円と簡単に手を出せるほどお手頃な価格ではありません。

初期費用が高くなるため、初心者は別のメタバースから始めた方が良いかもしれませんね。

メタバースを始めるのに必要な機材とは?

メタバースを始めるためには、以下2つを用意しましょう。

  1. VR用ゴーグル
  2. VR対応パソコン

しかし、 必ずしも必要なわけではありません

VR用ゴーグルがあった方が没入感は増しますが、なくてもメタバース空間を楽しむことは可能です。

さらに、Clusterのようにスマートフォン向けアプリも開発されているため、パソコンが必ず必要なわけでもないです。

だれでも簡単に始められるようになってきました。

メタバースを始めるために必要な手順

メタバースを始めるためには、主に以下4つの手順をおこないます。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 仮想通貨を買う
  3. メタバースのプラットフォームに登録
  4. アバターを用意する

取引所に口座を開設する

メタバースを始めるためには、まず国内の取引所で口座を開設します。

メタバースでは現金ではなく仮想通貨を使用します。

そのため、仮想通貨の為の口座を開設をしましょう。


国内の仮想通貨口座を開設するのであれば、以下3つが特におすすめです。

  • ・bitFlyer
  • ・コインチェック
  • ・DMM.bitcoin

上記3つはどれも 手数料が無料で、出金も即日対応なので使い勝手が良いです。

口座を開設したら仮想通貨を買いましょう。

ここでは、登録したいメタバースのプラットフォームで対応している仮想通貨を買ってくださいね。

仮想通貨をウォレットに送金する

次に 仮想通貨を送金するため仮想通貨ウォレットを作成します。

簡単に説明すると、メタバース上で使用する銀行口座です。

おすすめはMetaMaskです。

Googlechromeの拡張機能の一つで、多くのプラットフォームで連携が可能となっています。

メタバースのプラットフォームに登録

送金が完了したら、メタバースのプラットフォームに登録しましょう。

自分がメタバース上でどのように活動したいのかを考えて、登録することをオススメします。

美術館のように展示会をしたいのであれば、VRchat、Clusterがおすすめです。

一方、不動産取引のように一つの資産として土地を手に入れたいと考えているかたは、Decentralandに登録すると良いでしょう。

アバターを用意する

最後に、アバターを用意します。

プラットフォームによってはアバターを用意してくれるところもありますが、 大抵は「BOOTH」などで配布されているアバターが使用可能です。

どうしてもオリジナルを出したい場合は、以下2つのサービスを利用すると良いでしょう。

  • ・VRoind Studio
  • ・Blender

どれも無料で作成することができます。

機能が充実している分覚えることが多く大変ですが、クオリティを求めるのであれば、上記2つを使い、自分で作成するのも良いかもしれませんね。

メタバースで稼ぐことはできる?

メタバースで稼ぐことはできます。

例えば、以下3つのような稼ぎ方があります。

  • ・土地を売買する
  • ・ゲームで遊びながら稼ぐ
  • ・アバター用アイテムを売る

土地を売買する

Decentralandでは、土地の売買が可能です。

実際の取引では、土地の価格が1.1億円にもなった方がいるそうです。

Decentralandのユーザー間では、土地のレンタルをおこなっている方もいます。

現実世界のように土地をレンタルし、収入を稼ぐことも可能でしょう。

ゲームで遊びながら稼ぐ

メタバースのプラットフォームの中には、 ゲームでお金を稼ぎ、そのゲーム内のお金を実際に換金することもできます。

代表的なものとして、Axie Infinityが当てはまります。

近年ではこういった形のゲームが多くあり、Axie Infinityはその中で最も人気の高いプラットフォームです。

日本ではあまり聞きませんが、フィリピンやベトナムでは、実際にこのゲーム内でお金を稼ぎ、生活費も稼いでいる方が6万人以上はいるそうです。

もしかしたら近い将来、日本でも同じように稼ぐ人が増えていくかもしれませんね。

アバター用アイテムを売る

こちらはメタバース上というよりは、 メタバースで使用するアイテムを売ることで稼ぐことができるものです。

メタバースは近年勢いを増すばかりで、アバターやアイテムなどを求めている方が多くいます。

そのため、メタバースで使用できるアイテムを売ることで、収益化している方もいるでしょう。

メタバースに手を出す懸念点・デメリットは?

メタバースはメリットだけではなく、デメリットもあります。

  • ・法律がまだない
  • ・仮想通貨で稼いだら確定申告が必要

法律がまだない

メタバース上では決められた法律がまだありません

日本の民法では、現実世界にあるものにしか適用されないので、メタバース上で所有している土地や通貨が誰かに盗まれても、法律で取り返すことは不可能です。

そのため、損してしまう方もいるかもしれません。

仮想通貨で稼いだら確定申告が必要

仮想通貨は、 会社員であれば20万以上を稼いだ場合に確定申告が必要となります。

普通の会社員であれば確定申告をする必要はないので、申告を忘れてしまうこともあるでしょう。

仮想通貨の無申告は税務署にすぐばれます。

もしも稼ぐことができた場合は、申告を忘れないようにしましょう。

メタバースで稼ぐこともできるのは大きなメリット!副業にはぴったりかも。

メタバースは誰でも簡単に始めることができます。

うまく仮想通貨を利用すれば、簡単に稼ぐことも可能になるでしょう。

一方、メタバースには法律がまだ定められておらず、所有権を示すことができません。

ネット上という特殊な環境のため、ハッキングされた場合は取り戻すのが不可能に近いでしょう。

また、仮想通貨で稼ぐことができた場合、会社員であれば収益が20万以上だと確定申告が必要になります。

そういった面もあると理解しながら、メタバースを楽しむようにしてください。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]