Vol.8 「好きだった人をネット検索するのが辞められない」奥手がゆえの悲しいサガ【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

2020/10/30

社会人ライフ

例え二十何年生きてきた人生経験豊富な大人でも、苦い恋愛経験はいつまでも尾を引くもの。「まじでつらい……」「あの時、ああしていれば…」自分では消化しきれないどうしようもない思いを抱えていませんか?

確かに失恋というものは、辛くて苦いショックな経験ですよね。でも、もう恋なんてしないなんて言わせないよ絶対。

ここは、傷ついたあなたを少し前向きにしてくれる失恋クリニックあなたが再びアドレセンスな週末を過ごせるように、酸いも甘いも、色々な恋愛を経験してきた諦子(あきこ)せんせいが、悩みを分析し、恋の忘れ方を処方します。

連載バックナンバーはこちら

諦子(あきこ)せんせい

失恋クリニック/恋愛処方箋技師
失恋患者さんたちは諦子せんせいの核心をついた回答に妙に納得してしまう。

★失恋お悩み
はじめまして。これは私が学生のときの話です。大学一年生のとき、居酒屋でアルバイトをしており、そのとき同じ大学に通うバイト仲間の女の子を好きになりました。広島出身で、会話の中でちょっと方言が混じる、人懐っこい女の子でした。 同時期にバイトを始めたこともあり、互いにフォローし合ったり、休憩時間に話したりするうちに、どんどん好きになっていきました。 しかし、ビビりな私はついに気持ちを打ち明けられないまま、その子はバイトを辞めてしまいました。
同じ大学に通っていたのですが、わりと人数の多い学校でしたし、恥ずかしながら連絡先すら聞けていなかったので、その後一切会うことなく卒業し、今に至ります。
SNSなどでいくらでも連絡を取る手段はあるのですが、どうしても気が進みません。前向きに考えても自分のことを好きだとは思えませんし、好きにさせる自信もないからだと思います。 そのくせ、ふとしたときに思い出して、ついネットで名前を検索してしまっています。 ストーカーみたいで自分でも嫌なのですが、どうすれば検索をやめられるでしょうか。また、現在彼女がいますが、それでも検索してしまう自分は、浮気者なのでしょうか。ご意見ください。
(男性/26歳/業種:マスコミ・広告)


あなたは相手に合わせた対応はできていた?


初めまして。ご相談ありがとうございます。
好きになったその女の子は、どんなタイプの女性だったのでしょうか。人懐っこさに加え、「誰からも好かれるような美人」または、「笑顔がとにかく可愛い」という感じであれば、諦めて正解の恋だったと思います。
モテ子の可能性が高いので、あなたのことを気に入っていれば、彼女の方から連絡先を聞いてきたでしょうし、あなたの推測されている通り、あなたに向けて好意を感じなかったのであればそれはその通りだったのでしょう。

でも、もし彼女もあなたと同じような、自分に自信が無く、相手から自分が好かれていないように思ってしまうような、内心は内気なタイプの女の子だったとしたら、思いきってこちらから、連絡先を聞くべきだったかも知れません。

ネット検索は仕方ないことだが思わぬダメージを食らうことも


いまだにネットで検索してしまうという行為ですが、誰でもやっていると思います。みんな、ふと昔好きだった人が今どうしているか、気になって調べたりしているのではないでしょうか。浮気者だとご自分を責めるほどのことではないと思いますので、その点はお気になさらず。定期的にSNSをチェックして、相手側に彼氏がいることを知り、失恋を強く実感するというショック療法にも使えます。

今付き合っている彼女さん側も、あなたと居ない時間に、昔好きだった人のSNSをたまに覗きに行って、ちょっと感傷的になったり、イライラしたりしているのではないでしょうか。
ここまで言っておいてなんですが、「一切見ない」と固く決めてしまうと結構、ストレスが消えて楽ですよ(笑)

Vol.8 「好きだった人をネット検索するのが辞められない」奥手がゆえの悲しいサガ #週末アドレセンスー恋の忘れ方ー

失恋体験談大募集

松本千秋(文・漫画)

映像制作→映像編集→専業主婦→銀座ホステス→イラスト業→漫画家。東京都出身。
少年画報社ヤングキング「トーキョーカモフラージュアワー」連載中。
cakes「38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記」連載中。
note:https://note.com/hibaransu
Twitter:@imakarahima

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る