アイドルタイムとは? アイドルタイムの意味・使い方・反対語

2018/06/20

社会人ライフ全般

アイドルタイムとは、英語の「idle」に由来する言葉で、idleは「仕事がない」ことを意味します。休憩や手持ち時間、さらに一時休業の状態のことをアイドルタイムと呼びます​。​反対語としてピークタイムがあります。​また自動車などで使われる「アイドリング」「アイドリングストップ」なども、英語のidleに由来した言葉であるため、アイドリングがイメージできれば、アイドルタイムの意味もなんとなくイメージできる人もいるかもしれません。​今回はそんなアイドルタイムの意味とその使い方について紹介します。

アイドルタイムとは? アイドルタイムの意味・使い方・反対語

アイドルタイムは飲食業でよく使われている

アイドルタイムという言葉は、飲食業でよく使われます。飲食業でアルバイトをしている人なら、聞いたことがある人もいるでしょう。
飲食業では、時間帯によって混雑具合が大きく変わります。アイドルタイムは入客数が少ない時間であり、お客さんが少ない暇な時間のことを表しているのです。反対にとても混雑する時間帯があり、多くの店ではランチタイムにその日のピークが来ることが多いでしょう。この時間を、アイドルタイムに対してピークタイムと呼んでいます。

アイドルタイムの使い方

アイドルタイムは入客数がないため、ほとんどのオペレーションを回さなくて済みます。しかし当然ながら、働く人がいれば人件費がかかるでしょう。そのため飲食業では、アイドルタイムの使い方を課題として取り上げることが少なくありません。具体的には、清掃や販促などに当てることが代表的。店長など上の立場にいる人であれば、新人教育に使うこともあるでしょう。

ホテルや旅館業では昼食の時間帯を終えたタイミングがアイドルタイムとなることが多く、休憩として「中抜け」などと呼ばれていることがあります。働いている人は昼寝など休息の時間にしたり、買い物などの用事を済ませたり。人によってさまざまな使い方をしています。ここで、具体的にいくつかアイドルタイムの使い方を例示しておきましょう。

・アイドルタイムでも大盛況のカフェ
・勤務時間中のアイドルタイムの使い方
・店舗によって異なるアイドルタイム
・アイドルタイムを有効に活用して教育を行う
・アイドルタイムにサービスメニューを設定して集客を狙う
・アイドルタイム解消のためにテイクアウト商品を採用

アイドルタイムは飲食や旅行業などでよく用いられる言葉ですので、基本用語として覚えておいてください。誤った使い方をして、恥ずかしい思いをしないようにしましょう。

・執筆:Megu.K
さまざまなコンテンツの執筆を10年以上に渡って行っている。美容、就職、求人関連の記事は多数執筆経験がある。伝えたい内容を的確に表現することを心がけ、対象の読者を意識した文章を提供することに重点をおいて執筆している。

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフ全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]