COOとはどんな役職? 企業での位置づけや役割を知ろう

2017/09/13

仕事全般

COOとは

「COO」という役職がありますが、ご存じでしょうか。「CEO」(Chief Executive Officer(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)の略、日本語で「最高経営責任者」)と並び、近年日本でもよく使われるようになったものの、知らないという人がいらっしゃるかもしれませんね。今回は、このCOOとは何かについて解説します。

▼こちらもチェック!
【例文つき】ビジネス用語・カタカナ語80選! メール・会議で頻出のスグ使える略語・用語一覧

■「COO」も会社の役職の一つ

「COO」は「Chief Operating Officer」(チーフ・オペレーティング・オフィサー)の略で、日本語では「最高執行責任者」と訳されます。

COOの役割はCEOが決定した経営方針・業務内容を執行することで、またその責任者です。CEOもCOOも、もとはアメリカの企業で生まれたポジション(肩書・役職)です。アメリカでは、会長がCEOを、社長がCOOを兼任する企業もありますが、取締役と執行役員を兼任させないよう、取締役以外の人がCOOに就いている企業もあります。

日本の企業では、代表取締役社長の肩書を持つ人が経営方針や業務を決定し、その業務を執行するに当たってもトップのポジションというケースが多く、そうした企業では実質的にCEOとCOOを兼任していることになります。

次のページ日本の会社ではCOOはどんな位置づけと役割を持つのか

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

仕事全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]