CTOとは? よく聞くビジネス用語の意味をおさえよう

2017/09/07

ビジネス用語

取締役とは

「CEO」という役職があることはみなさんご存じでしょう。これは「Chief Executive Officer」(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)の略で、日本語に訳すと「最高経営責任者」です。では「CTO」はどうでしょう。もしかしたらわからないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はこのCTOとはどんな意味かをご紹介します。

▼こちらもチェック!
社長?それとも平社員? あなたの出世力診断

■「CTO」とは企業内の役職の一つ ではその役割は?

「CTO」とは「Chief Technology Officer」(チーフ・テクノロジー・オフィサー)もしくは「Chief Technical Officer」(チーフ・テクニカル・オフィサー)の略で、日本語では「最高技術責任者」といいます。

「CTO」は「CEO」「COO」(「Chief Operating Officer」(チーフ・オペレーティング・オフィサー)の略、最高執行責任者)などと同じで、もとはアメリカの企業で生まれたポジションの名称で、企業における技術的な分野での最高責任者です。研究開発ディレクターの立場を拡張したポジションとして登場しました。

産業、企業によってCTOに求められる役割も異なりますが、その企業の技術面でのトップという本質は変わりません。技術面での方向性の決定、技術開発の立案(ビジネス的な視点からの監督という意味も含め)といったことを行います。

次のページCTOの役割とは?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る