「アライアンス」の正しい意味と使い方って? 【スグ使えるビジネス用語集】

2018/05/24

ビジネス用語

「アライアンス」とは?


「アライアンス」(alliance)とは、もともとの意味は英語で「同盟」や「縁組み」を意味し、カタカナ語としてビジネスシーンで使用される場合は、異なる立場にある企業同士が利益を生み出すために協力し合う体制や経営スタイルのことを指します。日本語の「提携」や「連合」をイメージすると意味がつかみやすいのではないでしょうか? 

資本関係の有無や提携の形式に関わらずに使用することができる言葉であるため、何気ない会話の中に「アライアンス」という単語が出てきたとしても具体的な形態まではよくわからないこともあります。また、「アライアンス」に失敗したことを「ミスアライアンス」と呼びますが、「ミスアライアンス」の本来の意味は「不釣り合いな結婚」のことです。身の丈の合わない者同士の結びつきは破綻しやすいという意味だと考えられますね。

「アライアンス」は、さまざまな業界で使用されることが多い言葉です。「アライアンス」の意味がわからないと、大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性さえあります。そこでここでは、「アライアンス」の正しい使い方や、わかりやすい例文などを交えてご紹介します。


▼こちらもチェック!
マーケティングに強くなれる? KGIの意味や使い方を知ろう 例文つき【スグ使えるビジネス用語集】

「アライアンス」の使い方


ビジネス用語として会話の中に登場する際には「アライアンスを組む」「アライアンスを結んだ」と、いうように使用されます。「アライアンス」はビジネス用語としてだけでなく、戦略方法、団体名や組織名などに用いられることもある言葉です。競合企業と協力的な体制をとることで互いのメリットを深めるための提携のことを「ストラテジックアライアンス」と呼び、戦略的な同盟を結ぶことを意味します。

提携を結んだ企業同士を表すグループ名として「アライアンス」が使用されることも。たとえば、航空業界ではマイレージの共通化やスムーズな乗り継ぎを目指して他企業同士が連携することを目的とした「スターアライアンス」などがあります。

次のページアライアンスはどんなときに使う?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]