知ってて当たり前? リテラシーの意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

2018/05/22

仕事全般

知ってて当たり前? リテラシーの意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

リテラシー(literacy)の意味


「リテラシー(literacy)」とは、読み書きができる能力や、その分野の応用、活用力、理解力を意味しています。「リテラシー」は、単独でその言葉だけを使うことは少なく、「コンピューターリテラシー」や「メディアリテラシー」「環境リテラシー」といったように、関連する言葉をつながて「○○リテラシー」というように使用されることが多い言葉です。

ビジネスシーンで、ビジネス用語として定着しつつある「リテラシー」。例えば、「金融リテラシー」というのはどういう意味でしょうか?

お金を上手に使う、貯蓄をする、お金を管理するためには、お金についての知識やお金との付き合い方について、適切な判断力が必要になります。基礎知識を含め、これらを判断する力、応用する力が「金融リテラシー」です。


▼こちらもチェック!
例文つき!「PDCAサイクル」の意味や使い方を知って、ビジネスの効率化を図ろう【スグ使えるビジネス用語集】

ビジネスシーンでのリテラシーの使い方


本来「リテラシー」は、その大きな分野で修得すべき知識を、理解し活用する力、また分析し判断する、総合能力を表す言葉として使用されてきました。しかしビジネスシーンでは、その前後の状況に応じて、限られた部分の応用力の高さを指し示す言葉として、単独で使用されることが増えています。

次のページビジネスシーンでの「リテラシー」の使用例

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

仕事全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]