最近よく聞く「アウトソーシング」の意味と使い方は? 例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

電話・メール

アウトソーシングという言葉の意味は正しく理解していますか? ビジネスシーンでは耳にすることも多いのではないでしょうか。実際に自分の会社でアウトソーシングを実施している、もしくは請け負っている場合などもあることでしょう。しかし、アウトソーシングの言葉の使い方を間違って理解している人もいるかもしれません。ここでは、ビジネス用語である「アウトソーシング」の意味と使い方、例文をご紹介していきます。

▼こちらもチェック!
社会人が多用する「リマインド」の意味とは? 正しい使い方を知ろう 【リマインドメールの例文付き】

■アウトソーシングの正しい意味とは?

アウトソーシングとは、内部の組織で賄っていた業務を外部会社に委託するという意味です。もしくは、新たに行う事業の一部を外部会社のサービスを購入し、委託することを指しています。アウトソーシングの目的は、品質やサービスの向上やコスト削減などさまざま。外部会社に委託することで、これまで煩雑だった業務を整理することも可能です。信頼できる第三者に業務を委託することで会社の信用を上げることもできるかもしれません。また、工数が不足している会社であれば、アウトソーシングすることによって、内部のリソースを利用することなしに、新規ビジネスを立ち上げることも可能です。

■ビジネス用語であるアウトソーシングの使い方

アウトソーシングという言葉の使い方は単純で、外部に業務を委託する際に用います。自社の人員では賄いきれない業務があった場合にはアウトソーシングを行うことが一つの手段となるでしょう。また、社員が行う必要がない、運用業務や監視業務などでは有効です。比較的安価な料金で請け負う会社がある場合には、アウトソーシングを行うことで会社のコスト削減につながります。新規ビジネスを立ち上げる際に、自社にその技術がない場合には、アウトソーシングを行い、ビジネスを開始する場合もあることでしょう。効率よくアウトソーシングを利用することで、会社の信頼性はアップします。

次のページアウトソーシングの例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]