斎藤工 「僕の人気はマスコミが作った虚像。そろそろ突き落とされる」

2016/01/11

芸能サプリ

斎藤工 「僕の人気はマスコミが作った虚像。そろそろ突き落とされる」

10日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にゲスト出演した、俳優の斎藤工。

今や、さまざまなランキングのトップに名前があがるほどの、人気俳優となったが、コメントの数々でスタジオ内を笑わせた。

今回の司会は、明石家さんま。「斎藤くん、すごい"ギャア~"っていう…」と、観客席の声に反応しながら声をかけると、「僕の人気は、マスコミが作った虚像です」と即座に返答。

マスコミはおだてて、おだてて落とすものであると言い、「まもなく突き落とされます。ず~っと予測しています」と、ビビっているという。

斎藤工はモデルとして18歳のときにデビュー。
俳優に転身してからは数々の作品に出演し、「ネクストブレイク俳優」と言われ続けながら、2014年に出演したドラマ「昼顔」で一気にブレイクした。

また、20歳の頃の自分の映像を観るのがイヤで、今でも「試写会とかで自分で観ると、こいつは役者を辞めた方がいいと思う。僕が監督だったら使わないと思う」と、自分に対して厳しい意見。

そんな斎藤は、「お尻と足の間にできる隙間フェチ」であることを告白。「水着やスキニージーンズを履いたときに、お尻と足の付け根の間にわずかな隙間があくんです。そこに陽が射すときとか…」と、朝日がさしたときには「ありがたい」と、拝む気持ちなのとか。

爽やかさもありながら、ちょっとしたエロさを見せてしまうところが、人気の秘訣。この人気はまだまだ続きそうだ。

関連キーワード:

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]