まるでルー語! 日本語使えば? と思うビジネス用語「バジェットはフィックス?」「リスケでコンセンサス」

2015/03/06

ビジネス用語

●コンプライアンス

意味:法令遵守
例文:「コンプライアンスの徹底をお願いします」

・長くてわかりにくい(女性/29歳/その他)
・法令順守の方が、重厚感がある気がする(女性/33歳/その他)

●リスケ(リ・スケジュール)

意味:日程の再調整
例文:「本日の打ち合わせを、来週にリスケできますか?」

・最初何のことかわらなかった(女性/32歳/情報・IT)
・かっこつけでこの言葉を使っているとしか思えない(男性/32歳/小売店)

●他にも......

・ペンディング。保留のほうが言いやすいし分かりやすい(女性/34歳/不動産)
・フィックス。決定でいいと思う(男性/28歳/情報・IT)
・バジェット。予算や経費のほうが音として短いし、わかりやすい(女性/30歳/金融・証券)
・ソリューション。解決策といったほうがピンとくる(男性/50歳以上/その他)
・アセスメント。課題分析といったほうが確実にわかりやすいから(女性/25歳/医療・福祉)
・イニシアチブ。普通に「主導権」とか「先導」とか言ってくれた方が分かりやすい......(女性/27歳/医療・福祉)


ビジネス用語がずらりと並びましたが、使い慣れていない人には「何のことやら......」ですよね。ですが、例文のように一箇所だけカナカナ用語が入るのは、まだかわいいほう。皆さんに「実際に言われて分かりづらかった発言」を聞いたところ......

・「あのアテンドのスケジュールはもうフィックスか?」と言われた(女性/32歳/商社・卸)
・「PDCAサイクルについてのレクチャーと研修」と言われて意味不明だった(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・「この案件は一旦ペンディングで。こっちはオンスケだけど今度のミーティングはリスケだ」(女性/33歳/その他)
・「あのプロジェクトのKPIはコンセンサスとれたの?」とほとんどカタカナ用語で聞かれた(男性/24歳/機械・精密機器)

一箇所だけでも混乱するのに、ここまでくると呪文のよう! 使い慣れている人はいいですが、一つ一つを理解していないと、相手側は聞き取ることすら難しそうです。

多くの会社で使われているビジネス用語ですが、会社によってはこれらの用語を一切使っていないところも。仕事では、相手にも分かりやすく伝えることも大切。急ぎの用だったり、社外の人と話すときは、ビジネス用語の多用には、気をつける必要がありそうです。

文●ロックスター

調査時期:2015年1月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人男女500人

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る