祈られすぎて神になった。「うぉぉ、これが『就活ハイ』か!」と思った瞬間

2013/11/19

対人マナー

祈られすぎて神になった。「うぉぉ、これが『就活ハイ』か!」と思った瞬間

精神的にも体力的にもきつい就活ですが、大量のエントリーシート(ES)の作成や面接ラッシュで、逆にテンションがグワッと上がる瞬間があるとか。そこで、内定した先輩たちに「これがジョブハンターズ・ハイ(就活ハイ)か!」と感じた体験を教えてもらいました。



●エントリーシートを書きまくってハイテンションに

・履歴書、ESを書きすぎて、終いには何を書いているかわからなくなり、ハイになった。(男性/21歳/運輸・倉庫内定)

・書かなければならないESの量が多すぎて、逆にうれしくなった。(女性/21歳/運輸・倉庫内定)

・手書きのESをA4×3枚分ほど書かなければいけない時に、書き直しで夜中までかかって変なテンションになった。(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁内定)

・履歴書を4回書き損じて、海までチャリで走った。(男性/24歳/機械・精密機器内定)

・履歴書をいかに美しく書くかにハマって、満足のいく一枚のために10枚くらいの履歴書を無駄にした。(女性/22歳/情報・IT内定)



●面接で舞い上がり、そして悟りを開く

・自分が怖くなるほどペラペラ喋れるようになってしまった。(女性/21歳/金融・証券内定)

・落ちると思ったので、終盤に「質問ありませんか?」と聞かれた時、面接官と30分以上野球の話をして盛り上がってしまった。(男性/22歳/建設・土木内定)

・何社か面接を受けるうちに「自分と面接官は対等だ」と感じるようになった。それから受かる率が格段に上がった。(女性/24歳/電機内定)



●ハードすぎて逆にテンションUP

・1日に5回面接を受けた時。(男性/27歳/情報・IT内定)

・夜行バスで面接に行き、帰って徹夜でバイト3連勤、翌日また面接ラッシュという日々だったけど、全然疲れなかった!(男性/22歳/商社・卸内定)

・説明会とESが立て込んでいて、2日寝られなかった時、テンションがずっとおかしかった。(女性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント内定)

・2ヶ月間ほぼ毎日説明会に行き、どんな会社でも余裕で内定をもらえる気しかしなくなった。(女性/22歳/金融・証券内定)



●作業にハマって超楽しくなった!

・夜中に就職サイトでエントリーすることにハマり、そんなに興味のない会社にもエントリーしまくった。(女性/22歳/運輸・倉庫内定)

・WEBテストを何回もするうち、同じ問題を見ることが多くなり「読める! 読めるぞ!」状態になった。(男性/24歳/電機内定)

・「自分はどういう人なのか」を就活ノートに思いつくまま殴り書きしたら止まらなくなった。でもそれから就活がうまくいくように。(女性/22歳/ 運輸・倉庫内定)

・県外での就職活動だったので、説明会や面接のスケジュールが効率よくまとめられて、交通費を節約できた時に思い切りハイになった。(女性/22歳/通信内定)



中には、不採用通知が来た時に「落ち込みを通り過ぎてハイになった」「お祈りメールがいっぱいきすぎて、私は仏様なのかと思った」「神になった気がして吹っ切れた」という、開き直り体験も。

大変だったというエピソードも多いですが、人が追いつめられた時に妙なハイテンションになるのは、自分自身のリミッターを外し、本当の力を解放する合図なのかも。先輩たちの体験談には、就活をポジティブに捉えるヒントが詰まっているように思えます。



文●鈴木恵美子



調査期間:2013年11月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象件数:19〜29歳までの内定者男女348件(インターネットログイン式アンケート)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]