20代の住宅事情。「持ち家」と「賃貸」、どちらを選ぶ?

2012/11/25

付き合い・人間関係

「持ち家(購入)」か、「賃貸」か──? どちらにもメリット、デメリットがあるだけに、住宅情報誌でも定期的に特集が組まれる「永遠のテーマ」です。今回は、20代の社会人400人に、住宅に関する考え方を尋ねてみました。

【生活スタイルの変化をきっかけに住宅を購入】


「現在、自身の名義で購入した住宅」に住んでいるという人は、全体の4.8%。

・結婚して自分の親世帯と住むことになった。震災があったことも大きかった(27歳/女性/生保・損保/既婚)
・子どもが2人に増えたので、マイホーム購入に踏み切った(28歳/女性/金融・証券/既婚)

結婚や子どもの誕生など、ライフスタイルの変化を機に、住宅購入に踏み切る人が多いようです。なかには「お金があったから」と、うらやましくなるような回答もありました。

【「将来も賃貸派を貫く!」その理由は?】

続いて、現在、賃貸や寮、実家など、「現在、自身の名義で購入した住宅」以外に住んでいる人に、「将来、住宅を購入しようと考えているか」について尋ねたところ、「はい」が40.6%で、「いいえ」が59.4%と回答は割れました! 「いいえ」と回答した人のなかには、「持ち家のことはまだ具体的に考えられない」という理由を筆頭に、賃貸の気軽さに利点を感じているという意見が多々ありました。

・住宅を購入すると移動しづらい。賃貸の方が引っ越しも簡単にできる! (27歳/女性/生保・損保/未婚)
・隣人トラブルが面倒なので、いつでも引っ越せる賃貸がいい(24歳/女性/生保・損保/未婚)
・できればいろいろな場所に住んでみたい(25歳/女性/情報・IT /未婚)

そのほか、持ち家に金銭的なメリットを感じないという人や、震災で意識が変わったという声も......。

・家を買ったとしても固定資産税を払わなければならず、結局は家賃と同じような出費が生じる(23歳/男性/団体・公益法人・官公庁/未婚)
・天災地変で家が毀損しても、賃貸ならあまり問題ない(25歳/男性/情報・IT /未婚)
・家は買っても買ったあとは価値が下がるだけ。ローンに縛られるのもイヤ(23歳/女性/小売店/未婚)
・親がローン地獄に陥っているのをみているし、持ち家だと子どものいじめ問題などがあったときすぐに転校させてやれないことも不安(26歳/女性/商社・卸/未婚)
・親が死んだら、今の家を引き継ぐのが一番お得な方法だと思う(27歳/男性/運輸・倉庫/未婚)

【「将来は住宅購入したい!」その理由は?】

将来的に「自分名義の住居を購入したい」という人たちは、持ち家の「資産価値」「家に自由に手を加えられる」という部分に、メリットを見いだしているようです。

・賃貸は家賃を捨てているようなもの。最終的に財産になる『購入』の方がメリットを感じる(24歳/男性/商社・卸/未婚)
・家賃を払い続けるのがもったいない。同額くらいでローンを組めるなら、そっちの方がお得じゃない? (25歳/女性/学校・教育関連/未婚)
・リフォームをするとき、持ち家なら気を遣わなくてすむ。自分の居心地のいい空間を作りたい! (24歳/女性/学校・教育関連/未婚)
・定年した後を考えると、賃貸より持ち家のほうがいいかなあ(25歳/女性/学校・教育関連/未婚)
・結婚したらやはり自分の落ち着ける家が欲しい。高い家賃を払うより、資産となる家が買えるのであればその方が経済的だと感じるから(26歳/女性/ホテル・旅行・アミューズメント/未婚)

人生の多くの時間を過ごす「家」。何にプライオリティをおいて選び、決して安価ではないお金をどのようなスタンスで払い続けるか──。なかなか答えの出ない問題だけに、自分のライフスタイルに合わせてじっくり考えてみたいものです。

文●ジーソン(エフスタイル)

調査期間:2012/10/26〜2012/10/28
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:400人(ウェブログイン式)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]