【学生編】「学生時代にやっておけばよかったと思うことは?」-存分にできなかったと思うのは「旅行」と「恋愛」

2012/03/25

入社準備

■アルバイト(10.7%)
「アルバイトでもっといろいろな経験を積みたかった」(22歳/男性/4年制大学)
「親に『おんぶにだっこ』だったから」(24歳/女性/大学院)

■勉強(9.7%)
「就活が大変。もっと勉強していい大学に入れば良かった」(22歳/女性/4年制大学)
「学生の本業は勉強。自信を持って『やった』と言えないと後悔する」(22歳/女性/4年制大学)
「基礎をおろそかにしたつけが、今出てきた」(24歳/男性/大学院)

■資格取得(7.7%)
「勉強の時間がある学生のうちに取得しておけばよかった」(21歳/女性/4年制大学)
「資格を取っていれば、もしかしたら違う人生になっていたかもしれない」(22歳/男性/4年制大学)

■遊び(7.7%)
「酒の飲み方をもっと勉強したかった。マナーなどで今後苦労しそう」(24歳/男性/大学院)
「ヤンチャできるのは今しかない」(22歳/男性/4年制大学)

■英会話(7.7%)
「自分の英語力不足はひどい。海外転勤が怖い」(24歳/男性/大学院)
「どこに行っても必要だし、ステップアップに役立つから」(22歳/女性/4年制大学)

■サークル活動・部活動(5.3%)
「好きな趣味に思い切り時間を割けるのは学生のうちだけ」(22歳/男性/高等専門学校)
「もっと多くの人と交流したかった」(22歳/女性/4年制大学)

■貯金(3.0%)
「社会人になる前に、ある程度の蓄えが欲しかった」(25歳/男性/大学院)
「就活で想像以上にお金を使ったから」(22歳/女性/4年制大学)

■ボランティア活動(1.3%)
「修論や就活、アルバイトで震災後のボランティアに行けなかったので」(24歳/女性/大学院)

●まとめ
「旅行」が26.3%でトップに。「長旅の時間が取れるのは学生時代だけ」なのに「時間がある時はお金がない」という悩ましさを多くの人が抱いているようです。2位は「恋愛」。「社会人になると出会いが減るから」という冷静な声の一方で、「学生ならではの恋愛を楽しんでみたかった」というほろ苦い思いも。3位以下は票が割れる形になりました。「遊び」や「サークル活動」の回答率が意外に低かったのは、学生の多くがそれなりに、やりきった感を抱いているからかもしれませんね!

文/鈴木恵美子

調査時期:2012年2月
調査対象:マイナビスチューデント会員
調査数:社会人300名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

入社準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]