フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

入社式の流れ・持ち物まとめ 入社準備はこれでばっちり!

2017/02/03

マナー全般

入社式の流れ・持ち物まとめ 入社準備はこれでばっちり!

いよいよ始まる社会人ライフ。その第一歩が入社式です。初出社の日は緊張するかもしれませんが、何事も最初が肝心です。入社当日の流れ、持ち物など入社式マナーをおさらいしておきましょう。今回は、入社式前に知っておきたい基礎知識を余すところなくご紹介します!

入社式の流れ・持ち物まとめ 目次
1. はじめにー入社式の心構え
2. 当日までに知っておきたい入社式の流れ&持ち物
3. 入社式当日に受け取るものとは?
4. 入社式のあとの懇親会でのマナーとは
5. まとめ

入社式から、あなたはもう社会人

・はじめに

内定後の期間を、思いきり満喫したという人も多いことでしょう。入社式以降は責任ある社会人としての日々が待っています。気持ちの切り換えはできていますか? ちなみに、入社式が3月末だったり4月2日だったりしても履歴書に書く場合は、4月1日入社となります。(※入社が6月や9月の人はその例には当てはまりません。)つまり4月の1日からのあなたは、"社会人"であり"会社人"であるわけです。

・指示待ちだけのアルバイト気分はNG

仕事をして、報酬を得る。これだけシンプルに言うと、アルバイトも正社員もしていることは同じように感じられてしまうかも。けれどもその差はとても大きいもの。アルバイト先を見つける苦労と、就職先が決まるまで苦労では大違いであるように、そこから先に生まれてくるものにも大きな違いがあります。それは責任の重さであり、 またやりがいの大きさでもあり……。企業はアルバイトのときのようにあなたの時間にお金を払うのではなく、あなたの資質(成長という期待を含めて)にお金を払うのです。社会に会社が貢献し、その会社にあなたが貢献する。社会を形づくる一員として得る報酬。あなたが手にするのは、そんな報酬なのです。そう考えると、仕事にも広い視野で、受け身ではなく能動態で取り組むべきでしょう。

・決意も新たに迎えたい入社式

あなたがその会社に入社してしたいことについて、 就職活動時にさんざん考えたはず。それらが入社した途端に"絵に描いた餅"になってしまった、なんてことがないように、常に初心を忘れないでください。当然のことですが、入社式はゴールではなく、 スタートです。内定してホッした、うれしかったというのは正直なところでしょうが、その先にはまだまだ続きがあります。あなたの社会人生活という物語を紡いでいくうえで、入社式は大切な第一章。入社希望時の志や、内定をもらったときの感謝の気持ちや喜びを胸に刻み、キリリと入社式に臨もうではありませんか!

Icn nextpage次のページ:入社式の流れと持ち物を確認しよう!

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード




マナー全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    卒業旅行特集

    ピックアップ [PR]