ETC、ロボット掃除機……今年は何型?【入社年度別】新入社員タイプ

2013/03/05

社会人ライフ

対人マナー


平成14年入社の新入社員タイプは「ボディピロー型(抱き付き枕)」

クッション性あり、等身大に近いので気分はいいが、上司・先輩が気ままに扱いすぎると、床に落ちたり(早期退職)、変形しやすいので、素材(新人の質)によっては、いろいろなメンテナンスが必要となる。


平成13年入社の新入社員タイプは「キシリトールガム型」

種類は豊富、価格も手ごろ。清潔イメージで虫歯(不祥事)予防に効果ありそうで、味は大差ない。


平成12年入社の新入社員タイプは「栄養補助食品型」

ビタミンやミネラル(語学力やパソコン活用能力)を豊富に含み、企業の体力増強に役立ちそうだが、直射日光(叱責)に弱く、賞味期限(試用期間)内に効果(ヤル気)薄れることあり。


平成11年入社の新入社員タイプは「形態安定シャツ型」

防縮性、耐摩耗性の生地(新人)多く、ソフト仕上げで、丸洗い(厳しい研修・指導)OK。但し型崩れ防止アイロン(注意・指示)必要。


平成10年入社の新入社員タイプは「再生紙型」

無理な漂白(社風押し付け)はダイオキシン出るが、脱墨技術(育成法)の向上次第で新タイプの紙(新入社員)として大いに市場価値あり。


平成9年入社の新入社員タイプは「ボディシャンプー型」

泡立ち(適応性)よく、香り(個性)楽しめるが、肌(会社体質)に会わないこともある。石鹸(従来社員)以外に肌を慣らすことも必要。


平成8年入社の新入社員タイプは「床暖房型」

断熱材(評価)いれないと熱(やる気)が床下(社外)に逃げる。


平成7年入社の新入社員タイプは「四コママンガ型」

理解に時間がかからず傑作もある一方で市場にあふれているので安く調達できる。


平成6年入社の新入社員タイプは「浄水器型」

取り付け不十分だと臭くてまずいが、うまくいけば必需品。


平成5年入社の新入社員タイプは「もつ鍋型 」

一見得体知れずで厄介だが、煮ても焼いても食えそう。


平成4年入社の新入社員タイプは「バーコード型」

読み取り機(上司)次第で、迅速・正確・詳細な処理可能。


平成3年入社の新入社員タイプは「お仕立券付ワイシャツ型」

価格高く仕立てに時間かかり、生地によっては困難。


平成2年入社の新入社員タイプは「タイヤチェーン型」

装着大変だが、装着の具合次第で安全・駆動力OK。


平成元年入社の新入社員タイプは「液晶テレビ型」

反応早いが、値段高く色不鮮明。改良次第で可能性大。



関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る