お客さまは神さまじゃない。理不尽をやりすごすコツは女優魂?【ものすごい愛のお悩み相談室】

2019/01/24

付き合い・人間関係

新社会人からリアルな悩みを募集し、独自の視点からアドバイスをもらう連載「新社会人のお悩み相談室」。今回は、「無意識に気持ちが態度に出てしまう」というお悩みに、元・社蓄OLで、現在は主婦業にパワフルに励むものすごい愛さんが回答します。

お客さまは神さまじゃない。理不尽をやりすごすコツは女優魂?

帰路につくさなか、奥歯を食いしばっている理由が、ビルとビルの間を突き抜ける冷たい風に凍えているせいなのか、それとも仕事でつらいことがあって家に着くまで涙を堪えているからなのか、自分でもよくわからなくなっている新社会人のみなさま、ごきげんよう。

日々明るく楽しく暮らし、悔しいことや悲しいことなんてまるでないのに寝ている間の歯ぎしりが止まず、隣で寝ている夫に「地獄の音が聞こえる」と毎朝怒られております、ものすごい愛です。

歯医者さんでマウスピースつくってもらわなきゃな〜めんどくせ〜〜〜と考えていたら気づけば半年以上経っていました、時間が過ぎるのってあっという間ですね。

さて今回は電話対応のときについつい相手の言動にムッとしてしまい、それが声に出てしまうことに悩んでいる新社会人からの相談です。

かつてテレアポのアルバイトをしていたときに、オペレーターとしての才能が突然開花し、バイト先の偉い人に「ぜひともウチの会社で働いてくれ、ありとあらゆる条件は全て君の希望通りにする」と言わしめたわたしが、電話対応や接客のコツについてお話させて頂きます。

Q.無意識に気持ちが態度に出てしまう
私は事務の仕事をしていて、外出することがないのでお客さんとのやりとりは全て電話かメールです。顔が見えないやり取りのため、話し方や声で相手が不快にならないように気をつけているのですが、どうしても相手に嫌な物言いをされたり、きつい言い方をされるとムッとしてしまい、声に出てしまいます。

先輩にも「話し方に出てて感情がわかりやすい」と言われてしまうのですが、どうすればムッとせず話せるでしょうか……。

こちらの話し方で相手がまた嫌な物言いをするのもわかってるのですが無意識に不機嫌さが出てしまいます。
ものすごい愛さんが電話対応するときに気をつけていること、うまく対応するコツなどあれば教えていただきたいです
(女性/22歳/情報・IT)



お気持ち、よーくわかります


相談内容を読んで「超わかる!!!!!!」と思わず叫んでしまいました。
わたしは喜怒哀楽がとてもはっきりしていて、それが表情・声・態度に出やすく、しかも言葉にまでしてしまう“喜怒哀楽表現マシーン”のような性格なので、相談者さんの気持ちがとてもよくわかります。

もともと正社員として働いていたときは接客の仕事をしていたので、お客さんに理不尽な要求をされたり嫌な態度を取られたりしたときなど、腹が立ったことは幾度となくありました。
もちろん基本的には機嫌よく愛想よくしていましたが、自分に一切の非がないのに相手が人間扱いをしてくれないと
「何様だテメェ!!!お客様は神様!??ハァ???!!お前なんて神様でもなんでもないからな!!!神様かどうかはわたしが決めるんだよ!!!!!
と裏で大暴れしていたことを今でも覚えています。

ちょっとでも怒りの感情を表に出してしまうと、それに対して相手はさらに攻撃的になり、のちのち「あいつのあの態度はなんなんだ!」と別の人に報告されようものなら自分の評価が下がってしまったり、そのことで気分が落ち込むことになるなど、負のループに陥ってしまうんですよね。

ほんとうにムカつくよね! ムカつくけど! でも、自分が最終的に損してしまうのはもっと癪ですよね。

わたしは女優


自分が損をしないようにわたしがしていたことは「わたしは女優」と思い込むこと

監督のどんな要求にも答えられる演技派の大女優という自分に酔うことで、そういったことを乗り越えてきました。

たとえば、自分は悪くないのにも関わらず相手に怒られたときは、容姿が美しいからと理不尽ないじめにあっているような悲劇のヒロインを演じる。
相手に理不尽な要求をされたときは、「あららぁ〜! よーちよちどうしたの〜?なんか嫌なことでもあったの〜?」とわがままな子供をあやす肝っ玉母ちゃんを演じる。
相手が自分の力を誇示してきたときは、「えぇ〜しゅご〜い!知らなかったぁ〜ん!」と鼻にかかったような声を出す銀座のNo. 1キャバ嬢を演じる。

出勤のタイムカードを押した瞬間から撮影スタート、退勤のタイムカードを押す瞬間が監督の「カーット!」という声。
その時間、勤務時間はプロとして見事に演じきるのです。

心は殺さなくていい


女優になりきるうえでのコツは、心を殺すというわけではありません。
自分以外の誰かの、本来の自分とは違う心を入れるのです。
相手の話を聞くときは心情まで寄り添う必要はなく、あくまでも相手が役に沿ったセリフを言っているんだと頭の片隅に置いて、情報だけを耳に入れておけば、問題ありません。

感情を表に出すという性格はあなたの長所で、これから先の対人関係では得するはずです。
だから、自分の性格を変える・心を殺す努力をするのではなく、女優になりきってカメラが回っている間だけ、そんな自分に酔ってみたらいかがでしょうか?
案外、楽しめるものですよ。


今回で「ものすごい愛のお悩み相談室」は最終回となります。
7ヶ月間、仕事に悩む新社会人のみなさんのさまざまなお悩みを聞かせていただいたことで、わたしも働いていたときのことを思い出し、懐かしい気持ちになったり恥ずかしくて叫んでしまったり怒りが再燃して鼻息が荒くなったりと、とても楽しく連載することができました。
この連載を通して、少しでも悩める新社会人のみなさんの気持ちが軽くなっていればいいなぁと願っております。

自分の人生、好きなように生きたほうが絶対に得です。
やりたいことをやるための熱意、やりたくないことをやらないための努力を忘れずに、ときに自分の心を守るための言い訳をしつつ、程よく力を抜いて頑張ってください。

一歩前進するための足も、走って逃げるための足も、みなさんの人生における価値は同じなんですよ。


さて、新社会人のみなさん向けの連載は終わってしまいますが、近日中に大学生のみなさん向けの新しい連載がスタートします。
大学に7年も通って親のスネをしゃぶり尽くしただけの甲斐もあって、そちらのほうで続投させていただけることになりましたので、引き続きよろしくお願い致します。
お悩み相談も受け付けますので、悩んでいる大学生の方がいましたら、ぜひ声をお寄せください!


☆編集部からのお知らせ
「ものすごい愛のお悩み相談室」は今回で最終回です。いままでご愛読ありがとうございました!
次回からは、ものすごい愛さんとトミヤマユキコさんのお二人が大学生活での失敗や、大学生活への不安を解決する連載「大学1年生の転び方」が新たにスタートします。

大学生活で経験した失敗談や、これからの大学生活を歩む上での不安・お悩みをお寄せください。
社会人のみなさんからの失敗談もお待ちしています!

相談はこちらから

文・ものすごい愛
北海道出身。心身ともに健康だけが取り柄の、元社蓄のしがない主婦。洗濯洗剤はジェルボール派。AMにて『命に過ぎたる愛なし』を連載中。

連載:命に過ぎたる愛なし 
Twitter:@ mnsgi_ai 


イラスト・saori・tanaka
北海道生まれの関東在住。文字とイラストを描きます。好きな食べものは梨。

Twitter:@ oyocois


お悩み相談室バックナンバー

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]