新社会人の95.1%がWordの基本操作ができると回答 最も多かった使用シーンは「レポート」【新社会人白書2017】

2017/03/05

ITスキル

■テキストは入力できる

●レポート作成で使った

・課題以外で使わないから(女性/22歳/大学4年生)
・レポート提出の課題が大学でよく出されていて、文書作成くらいならできるから(女性/22歳/大学4年生)
・実務で使うことがなく、レポートを書く為にだけ使っていたから(女性/22歳/大学4年生)
・レポートくらいしか使っていない(男性/24歳/大学院生)

●必要最低限使える

・文章を作成するくらいしかやったことないため、さまざまな機能については自信がない(男性/22歳/大学4年生)
・必要最低限しか使わないので(女性/22歳/大学4年生)
・必要最低限の文字入力と少しのデコレーションくらいはできる(男性/22歳/大学4年生)
・細かな機能までは使うことができていない(男性/22歳/大学4年生)

■使ったことはあるが、うまく使えない

●使うことが少ない

・あまり使用しないから覚えられない(男性/21歳/大学4年生)
・あまり使ったことがないのでたぶんできないと思うから(男性/23歳/短大・専門学校生)
・普段使うことがないし、よくわからないから(女性/22歳/大学4年生)

「テキストは入力できる」と回答した人は、「文書の作成以外ではほとんど使わないから」という意見が多く見られました。同じレポートでも、どれくらいまで作り込むかによってWordスキルに違いが出てくるようです。また、「使ったことはあるが、うまく使えない」と回答した人は、使う機会自体が少ないという意見が主でした。授業などで使ってはいても、

今回の調査結果では、新社会人の95.1%がWordを最低限使いこなせるという結果になりました。社会人になると、学生のとき以上にさまざまなシーンでWordを使う機会が増えますし、文書の規定も厳しくなります。これから新社会人を教育する立場になる社会人のみなさんは、新社会人世代はある程度Wordの知識があると言うことを前提に教えてみてもいいかもしれません。

文●ロックスター小島

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年2月
調査人数:今春から社会人になる大学生男女332人(男性145人、女性187人)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る