社会人になって金銭感覚が変わった人は約4割! 「稼ぐ大変さを知った」

2017/02/14

お金の知識

●いいえ

・先がわからない世の中だから(男性/38歳/金融・証券)
・多少は使えるお金が増えたが、金銭感覚が変わるというほどではないので(女性/50歳以上/情報・IT)
・昔から親にはお金の使い方はいろいろ教育されたから、稼ぐようになってもほとんど変わらない(男性/50歳以上/電機)
・お金は大事なので学生時代から大切に使っている(女性/24歳/運輸・倉庫)
・元々無駄遣いしなかったから(男性/31歳/不動産)
・昔から厳しい金銭感覚で、今でも変わらないから(女性/29歳/人材派遣・人材紹介)
・もともとケチで変わらない(男性/34歳/金融・証券)
・学生時代から家庭教師で新人の給料程度は稼いでいたので、金銭感覚はまったく同じだった(男性/50歳以上/その他)

結果はほぼ互角と言えるものでした。興味深かったのは、金銭感覚が変わった人の中でも、よりぜいたくに使うようになった人と、より節約をするようになった人の二極化に分かれていたことですね。あらためてお金の大事さがよくわかった気がします。

いかがでしたか? 大人になるにつれお金のありがたみがわかるようになりますが、どのような使い方をするかは人それぞれです。一度きりしかない人生、後悔しないようにどうやってお金を使っていくかは永遠の課題とも言えるのではないでしょうか。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年1月
調査人数:社会人男女177人(男性92人、女性85人)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る