ß

新社会人の一人暮らしスタートガイド 気になる生活費や節約術は?

2016/09/10

入社準備

◆新社会人一人暮らしの節約術 光熱費編


電気代を節約するなら、こまめにコンセントを抜いて待機電力を抑えましょう。テレビやレンジ、洗濯機、コンポなど、部屋の中にあるものすべてをこまめに抜けば、ひと月当たり数百円の節約が見込めます。また、エアコンは、起動の際にもっとも電気を消費します。なるべく自動運転にし、室温も通常より1度程度下げるといいでしょう。洗濯物はなるべく数日分まとめて洗うようにすると水道代の節約になります。 ガス代を節約するなら、底の広い鍋やフライパンを使ってコンロの火を余すところなく使えるようにしましょう。プラスチックの容器を使った余熱調理もおすすめです。

社会人一人暮らしの節約術 交際費編

社会人になると断りずらい飲み会の席。行かないわけにはいかないので、なるべく安く済ませる方法を考えましょう。 居酒屋はおつまみやドリンクをたくさん頼むとすぐに金額が高くなってしまいます。そこで、早い段階でご飯ものを頼むようにしましょう。最初にお腹をいっぱいにしておくことで、注文数を少なくして、金額を抑えることができます。 自分でお店を選べるなら、雰囲気がよいところよりも、安くておいしいところやクーポンを使えるところを選ぶようにしましょう。安くておいしい居酒屋を上司に紹介できれば株も上がるかもしれませんよ。

◆さいごに

新社会人が一人暮らしをするなら、医療費や冠婚葬祭の費用など、イレギュラーな出費にも対応できるよう、余裕を持って計画を立てるのが大切です。大体1万円くらいは多めに見積もっておけば、いざというときに慌てずに済みます。 また、免許証の更新費用やアパートの更新費用など、たまにある出費も忘れずに考慮しておきましょう。余った生活費は使わず、貯蓄用の通帳に移して貯金をすれば、ほしいものができたときに足しにすることができますよ。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る