ナイスミドルに聞く「職場の女子に好かれる方法」

2012/08/27

対人マナー

職場ではできることなら人気者でいたいものですよね。しかし、男性社員にとって、社内の女子たちと自然に仲良くなるのは至難の業。場合によっては、叱ったりつらい仕事を依頼しなくてはいけない場面もあったりする職場の女子たちに、男性社員が好かれる方法はあるのでしょうか。誰か、教えて!

▼こちらもチェック!
あなたを伸ばしてくれる?! 理想の上司診断

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、女子の多い職場で働く30代後半から50代の5名の男性。年下の女子社員たちに好かれたり、彼女たちのやる気を高めたりするために、長年の経験をもとに工夫していることを聞きました。

■甘いお菓子を常備する(38歳/保険)

「職場のデスクに、チョコレートやクッキーなどの甘いお菓子を常備しています。落ち込んでいるときはもちろん、何気ないときに『これ食べる?』と差し出すと、ウケがいいですね。やりすぎると媚を売っているだけのウザい奴になってしまうので加減が必要ですが」

甘いもの好きな女子が多い中、こういった「ちょい」サービスがあるのはうれしいかもしれません。

■家族アピールをする理由は?(41歳/通販)

「下心がないことをアピールする。女性の多い職場だと、男性の挙動はどうしても目立ってしまいます。『視線を感じる』や『○○さんに好意があるのでは』などと誤解されたり変な嫌疑をかけられないようにするため、結婚指輪をつけたり、子どもの自慢話をしたり。そうすることで、安全な男性と認識してもらう工夫です」

奥さんを大事にしている男性は、女性から好感度が高いですよね。

■話を遮らない(40歳/出版)

「当然のことですが、しっかり話を聞くことが大事です。女性と男性は脳の構造が違うので、話の順番や話し方が全く違うと感じることがよくあります。話をしている際、遮って『何が言いたいの?』や、『で、要約するとどういうこと?』なんて言葉を言うのは絶対にNGです」

結論から話すというのはビジネスマンの基本ルールの一つですが、だからといって話を遮るのはNGとのこと。ちゃんと話を聞いた後に、「結論を先に言うとわかりやすい」と助言するのがよさそうです。

■叱る際は面と向かって(39歳/商社)

「メールで叱らないこと。メールだと、一方的に怒られていると感じてしまう上、文面で残るので何度も読み返してしまうようです。叱るときは面と向かって、数分間の短い間に、指摘したいことを、なぜそうしなければいけないのかという理由も含めて言った方が効果的なことが多いです」

文面だと、冷たい印象を持ってしまうこともあるかもしれません。メールの方が手軽だし言いやすいと思ってしまいがちですが、女子に効果的ではないようです。

■叱って褒める(50歳/貿易)

「叱るときには、一緒に何かを褒めるようにしています。叱るだけだとモチベーションが下がってしまうようなので、評価点は伝えつつ、ここがこうなるともっといいという言い方をするように心がけています。そうすることで仕事のやる気も出るし、叱った人に対しての苦手意識も払拭されます」

仕事に自信を持たせるため、飴とムチを使い分けるという方法。叱る目的は、仕事の質を向上させることなので、ちゃんとモチベーションをキープできる状態にしたいですものね。

男子社員が職場の女子達に好かれるためには、個人を評価しつつも好意や下心を感じさせてはいけないよう。ぜひ参考にしてみて、男女どちらからも好かれる職場の人気者になってくださいね!

(山本莉会/プレスラボ)

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]