即効!英文ビジネスメールの書き方5つのコツ

2012/06/20

電話・メール

■コツ4:自分のメールパターン集を作成する

自分が書いた英文メールは宝物です。メールパターンを作成して、件名を検索しやすくして、下書きフォルダにフォルダをひとつ作成して、保存してしまいましょう。また、他人から届いたものでも、これは使えると思ったものはコピペして下書き保存。使うときはコピーして送信すればいいので、打ち直す必要もありませんね。

特にビジネス上のメールは、同じような内容が多く、定型が決まっていたり、毎月同じ内容のメールを書いたりすることが多いです。きれいな英語の文章を、いかに効率よく作成して送るかもビジネスパーソンの大切なスキルです。

■コツ5:読み直す

最後に、送信ボタンを押す前に必ず読み返してください! なんとなく読むのではなく、下記の点に注意して読むようにしましょう。

・意味が通じるか

・短いか

・分かりやすいか

・動詞の時制に間違いがないか

・三人称単数の動詞に「s」がついているか

・前置詞(to, for, with, at, in, onなど)に間違いがないか

不安だったら、辞書を見るか誰かに聞く。このひと手間が、ビジネスパーソンとしての相手への心配りですね。


文●宇多 藍子(ウダ アイコ)
AllAboutプロファイル ビジネス英語講師
UNIVAST Education 代表取締役
クライエントの皆さんの「わかった!通じた!使えるようになった!」を大切な3本柱として英語レッスンや研修を行っています。個人レッスンや英語学習のプライベートコーチングのほか、NECなどの大手企業で英語研修を行うなど、様々な分野での英語教育に携わっています。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る