フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

ビジネスシーンで印象付けるメガネの選び方

2012/06/19

ファッション全般

ビジネスシーンで印象付けるメガネの選び方

メガネをかけていると、初めて会った人には 「あのメガネの人」 という印象が残ります。さらにそのメガネをかけたときのイメージがプラスであれば「メガネが似合っていた感じのいい人」として、話してもいないのに人柄までもプラスに感じさせてしまいます。

▼こちらもチェック!
【人間力診断テストまとめ】 自分の社会人力をチェックしてみよう

「メガネ派の男性・コンタクト派の男性」のイメージ調査(「コンタクトのアイシティ」2011年8月9日発表)によると「メガネをかけている男性のイメージ」第1位は 「知的」(65%) 、また、「メガネ姿の男性が好ましいシーンは?」という質問に対して第1位は「仕事をするとき」(50%)、ファッションアイテムとしてカジュアル感覚でかける人が多くなりましたが、まだまだ「メガネをかけると知的に見える」というイメージは根強い様子です。

ビジネスシーンにおいて自分を印象付ける「知」とは、「専門知識に詳しそうに見える」、「営業マンとして信頼できる」といった人間像。メガネをかけることにより、具体的に「知的」な姿がイメージできます。

【ビジネスシーン向けメガネの選び方のポイント】

1.素材は金属素材「メタル」タイプのもの。一見違和感のないセルフレームですが、セル素材ではカジュアル感が強く残るのでビジネスシーンでの印象アップにはなりません。

2.サイズは小さ過ぎて横幅が広がったり、また逆に大きかったりせず、ラクにピッタリかけられるもの。

3.お顔タイプに合わせていくなら、面長タイプの顔立ちならばややボリュームある太目のメガネを。丸顔タイプなら細めのスッキリしたタイプがバランスよく見えます。

さらに顎のラインがふっくらしているなら、耳側のフレームラインがやや上がりぎみのものにすると顔が引き締まって見えます。顎のラインがきりっとしているなら耳側のフレームラインが丸みがあるものがやさしい顔立ちになります。

4.メガネの色は、顔映りのいいものを選びます。同じ形で色違いをかけ、どちらが顔が明るく見えるか比べます。男性ならばブラウンとグレー、女性ならばピンク、パープル、オレンジブラウンで比べるとよいでしょう。

米国の心理学者アルバート・メラビアンの実験によると第一印象を決める要素は視覚情報(表情、身だしなみ、動作、態度)が55%でした。第一印象が7秒で決まるともいわれるビジネスシーンにふさわしいメガネ選びはその背景をより具体的にすることにより、イメージアップすることができます。

どんな仕事の内容なのか、さらに接客やミーティングなどどんなシーンでかけるのか、会う相手はどんなタイプの人か、また相手の業種など。メガネでも相手に敬意を示すことが、信頼・イメージアップへと導きます。話さずとも好感度がアップするメガネ、かけてみませんか。


文●宮 キヌヨ(ミヤ キヌヨ)
AllAboutプロファイル イメージコンサルタント メガネプランナー
目立たないようにこっそり掛けるメガネより、褒められ美人でどんどん美しくなりましょう。素敵にメガネを掛けると必ず周りの方々から褒められます。褒められる姿は自信となりあなたのメガネライフを変えていきます。「似合わないんです」からの卒業サポート。

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ファッション全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新社会人白書

    ピックアップ [PR]