今の仕事、楽しみ何割? 苦しみ何割?

2013/10/01

対人マナー

今の仕事、楽しみ何割? 苦しみ何割?

できれば楽しく仕事をしたいけれど、現実はそう言ってばかりもいられないもの。かと言ってつらいことばかりではモチベーションは下がる一方な訳で......。実際、仕事って楽しいのでしょうか? それとも苦しみのほうが大きいの? 社会人男女に、今の仕事の「楽しみ」と「苦しみ」の割合を聞いてみました。



■現在の仕事の「楽しみ」「苦しみ」の割合はどれくらいですか?

楽しみ10割 3.5%

楽しみ9割・苦しみ1割 2.1%

楽しみ8割・苦しみ2割 6.2%

楽しみ7割・苦しみ3割 9.4%

楽しみ6割・苦しみ4割 11.5%

楽しみ5割・苦しみ5割 25.0%

楽しみ4割・苦しみ6割 5.6%

楽しみ3割・苦しみ7割 10.8%

楽しみ2割・苦しみ8割 6.9%

楽しみ1割・苦しみ9割 11.8%

苦しみ10割 7.3%



「楽しみ5割・苦しみ5割」という人が最も多くて25.0%。「いいことも悪いこともある」(25歳/女性/金融・証券)、「苦しんだ分だけ楽しくなる」(30歳/女性/ソフトウェア)など、仕事というものは楽しみもあれば苦しみもあるもの、と割り切っている人が多いようです。



一方、全体で見ると「苦しみよりも楽しみが多い」という人は32.7%で、「楽しみよりも苦しみが多い」という人は42.4%。仕事をするにあたって、楽しみよりも苦しみのほうを強く感じている人の方が多い傾向に。それぞれ、そう感じる理由を聞いてみました。



【「楽しみ」が多い人、その理由は?】

・楽しさがあれば苦しさも吹っ飛ぶ(27歳/女性/医薬品・化粧品)(楽しみ10割)

・苦しいことは成長するために必要だが、楽しくなければ続けられないので(25歳/女性/ソフトウェア)(楽しみ6割・苦しみ4割)

・なんだかんだ仕事をしていて充実感があるから(25歳/女性/ホテル・旅行・アミューズメント)(楽しみ7割・苦しみ3割)

・覚えることが新鮮(27歳/女性/印刷・紙パルプ)(楽しみ7割・苦しみ3割)

・ストレスなく自由に働いているので(28歳/女性/生保・損保)(楽しみ7割・苦しみ3割)

・仕事がとても楽しいし生きがいだから(29歳/女性/学校・教育関連)(楽しみ7割・苦しみ3割)

・基本的に好きなことを仕事にしているので(31歳/女性/小売店)(楽しみ7割・苦しみ3割)

・新しいことばかりで楽しいから(25歳/男性/電力・ガス・石油)(楽しみ8割・苦しみ2割)

・幼い頃からしたかった仕事だったから(29歳/女性/医療・福祉)(楽しみ8割・苦しみ2割)



仕事そのものが楽しくて仕方がないという幸せな人もいますが、苦しみもある中で、何かしらの楽しみを見出したり、苦しみをバネにして頑張ったりしている人がほとんど。苦しみがあるからこそ楽しみが感じられるということもあるかもしれませんね。



【「苦しみ」が多い人、その理由は?】

・健康に支障をきたすくらい残業をしているから(25歳/女性/商社・卸)(楽しみ1割・苦しみ9割)

・不本意な異動の結果なので、楽しみはプライベートか仕事中のサボリくらいしかない(26歳/女性/情報・IT)(楽しみ1割・苦しみ9割)

・毎日人間関係でストレスが溜まるから(27歳/男性/不動産)(楽しみ1割・苦しみ9割)

・まだ仕事にも人にも慣れていなく、緊張しているから(21歳/女性/医療・福祉)(楽しみ2割・苦しみ8割)

・誰も褒めてくれない、評価が低い(27歳/男性/自動車関連)(楽しみ2割・苦しみ8割)

・クレームを言われてつらい(30歳/女性/運輸・倉庫)(楽しみ3割・苦しみ7割)

・ずっと同じ仕事をしているのでマンネリ化してきた感があるから(32歳/男性/機械・精密機器)(楽しみ3割・苦しみ7割)

・ローラーや飛び込みばかりなので、ストレスがMaxになる(26歳/女性/金融・証券)(苦しみ10割)

・同僚がみんな意地の悪い人たちばかり(27歳/女性/商社・卸)(苦しみ10割)

・得意でもなく興味もない適性に合っていない(30歳/女性/その他)(苦しみ10割)

・給与が不満(30歳/男性/医療・福祉)(苦しみ10割)

・お金の為だけにしか働くことはない(32歳/女性/医療・福祉)(苦しみ10割)



職場の人間関係の悩みや業務の重責、労働時間の長さ、給与の低さなどが主な原因になっているようす。自分の力ではどうしようもないものに苦しめられるのは、確かにつらいですよね。その他「そもそも仕事は楽しいものではなく、お金のためや生活のためにやっている」という意見もちらほら。日頃感じている苦しみを昇華させるための苦肉の策なのか、そういう意識の先には苦しみしか残らないのか......。



人によって感じ方はさまざまですが、確かに存在する仕事の苦しみをどうとらえるかが、仕事で得られる幸福度の分かれ道になっているのかもしれません。みなさんはいかがですか?



文●うすこ



調査時期:2013年7月

アンケート対象:20代の社会人男女、フレッシャーズ調べ

集計対象件:288件(インターネットログイン式アンケート)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]