フリーランスでWebマーケティングを始めるには? 案件獲得の方法・仕事内容を紹介

「フリーランスでWebマーケティングを始めたいけど、どう始めたらいいかわからない」

このように始め方がわからず諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし今Webマーケティングをフリーランスで行うことは、とても需要が高まっていることです。

この記事で分かること

  • フリーランスでWebマーケティングの仕事をするには
  • フリーランスでWebマーケターの年収
  • フリーランスのWebマーケティングで利益を出すには
  • フリーランスでWebマーケティングを始めるには
  • フリーランスでWebマーケティングの案件を獲得するには

これらのWebマーケティングをフリーランスで始めるために、必要な情報をお伝えします。

顧客のニーズに応えて利益を上げることが、マーケティングの基本です。

この記事ではフリーランスでWebマーケティングを行うにあたって、必要なスキルや情報を紹介します。

▼Webマーケティングスキルを学ぶ方法を知りたい方は以下の記事もおすすめです。
>>>【初心者向け】Webマーケティングスクールおすすめ9選!料金や選び方を徹底比較

目次

【フリーランスにおすすめ】Webマーケティングの仕事の種類

Webマーケティングとはサイト上に掲載された商品や、サービスを購入してもらうよう促す仕事です。

Webを活用してマーケティング戦略を考案し、実行する業務をしています。

その中でも主な職種は、以下のようなものがあります。

  • SEOマーケター
  • 広告プランナー
  • SNSマーケター
  • コンサルティング

    これらの説明をしていきます。

    SEOマーケター

    SEOマーケターは主に、Googleの検索エンジンに狙ったキーワードでコンテンツを作成し、上位表示させる業務を行います。

    検索キーワードや競合サイトの、コンテンツの調査を最初に行います。

    プロジェクトによっては顧客に合わせて、ユーザー像を明確化するところから担当することもあります。

    大規模なサイトでは長期的なサイト運用を、一任されていることが多いです。

    データ解析やレポーティングなどの勉強をしておくと、活用できるでしょう。

    広告プランナー

    広告プランナーの仕事はリスティング広告や、SNS広告を運用する仕事です。

    リスティング広告・SNS広告とは

    リスティング広告 検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動して掲載される広告
    SNS広告 SNSプラットフォームに配信する広告

    広告プラットフォームが提供する管理画面や配信ツールを活用して、広告入稿や入札調整などの業務を行います。

    広告運用しながらマーケターとして、データを追って分析していくことで成果の最大化を図ります。

    現在はWeb広告の市場が大きく広がっており、種類や方法も一層幅が増しています。

    SNSマーケター

    TwitterやInstagramなどの、SNS運用をするのがSNSマーケターの仕事です。

    いいねやシェアといったユーザーのポジティブな行動を増やし、フォロワーや周知を図ります。

    リアルタイムな情報を投稿することや、ユーザーへのコメントの返信などフォロワー拡大のためのノウハウが必要です。

    コンサルティング

    コンサルティングの仕事は、顧客がどのようなビジネス課題を抱えているかを整理・分析します。

    そして出てきた課題を解決するのに必要な、Webマーケティング戦略を立案、実行・効果の測定を行います。

    そしてその結果からさらに改善点を見つけ、さらに良いWebマーケティングが行えるようにすることが仕事です。

    顧客のビジネスとWebマーケティングにしっかりと関連性を持たせ、成功へと導く技術が必要な仕事です。

    フリーランスのWebマーケティングの働き方

    フリーランスでWebマーケティングの働き方はどのようなものか見ていきましょう。

    特徴的なポイントは以下の2つです。

    • 在宅で仕事ができる・自分で働く時間を決められる
    • 副業としても活躍できる

    詳しく説明していきます。

    在宅で仕事ができる・自分で働く時間を決められる

    Webマーケティングのフリーランス案件は、会社で行う必要はありません。

    自宅で作業する方が捗る人や、お子さんがいて会社に通うのが大変という人におすすめです。

    稼働時間は先方の就業時間に合わせるのが無難ですが、基本的には自由に選べます。

    定例の打ち合わせや緊急会議では出勤を指示されることもありますが、基本的には家で作業ができます。

    会社のほうが仕事が捗っていいという人は、求人情報を見るときに常駐のマーケター案件を見ましょう。

    副業としても活躍できる

    今会社員として働いているのであれば、いきなり退職してフリーランスをします、というのは難しいでしょう。

    このような人には、副業から始めてみることがおすすめです。

    また独立前に副業として案件を受けておくと、独立するために会社を辞めても輸入がゼロになることはないでしょう。

    フリーランスとしてWebマーケティングをする需要

    現在インターネットの広告は右肩上がりに増え続けています。

    以下は株式会社電通が出した、日本の総広告費と媒体別業種別広告費を推定した、調査レポートです。

    引用:「2021年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」

    このグラフを見てもインターネット広告に、使う費用は増えていくことが推定されています。

    企業のIT促進やスマートフォンの普及もあり、インターネットを介した広告の需要は高いです。

    Webマーケティングの収益は企業の広告費から出ているので、これからも需要の高い職でしょう。

    フリーランスのWebマーケターの年収

    フリーランスでWebマーケティングをしている人の、年収や単価を調査してみました。

    独立するときの参考にしてください。

    年収

    Webマーケターの平均年収は、約505万円になります。(引用:求人ボックス

    SEOマーケター、広告プランナー、SNSマーケター、コンサルティングで見てみると以下の通りです。

    SEOマーケター 約600~700万円
    広告プランナー 約400~600万円
    SNSマーケター 約300~500万円
    コンサルティング 約500~800万円

    制作案件も引き受けることで、年収を上げていくことができます。

    年齢によって、経験、役割によっても年収は変わります。

    自分の努力次第では1,000万円稼ぐこともできる、夢のある職業です。

    単価

    フリーランスでWebマーケティングを単価で表すと、月50万~70万円と言われています。

    単価は仕事の種類やプロジェクトの段階によって、かなり違うので注意しましょう。

    フリーランスは時間や、勤務形態を選べることが多いです。

    高単価で受注できるように、仕事を請け負ってみましょう。

    フリーランスのWebマーケティングで利益を出すには

    仕事としてWebマーケティングをやる人は、年収アップや利益になる働き方がしたいでしょう。

    そのためには規格の単価を上げることが、手っ取り早い方法です。

    ではどのようにすれば、高単価なフリーランスWebマーケターになれるか解説します。

    実績を作って単価を上げる

    この方法は単純に、実績を積むということです。

    フリーランスとして経験値を積むと、単価は高くなっていきます。

    未経験なジャンルでもチャレンジすることで、次請け負うときは価格交渉ができます。

    Webマーケティングの場合一組の顧客に、長期的に契約してもらうことで単価も上げられるでしょう。

    専門的な分野のスキルを身につける

    フリーランスのWebマーケターとして、さらに価値を上げるなら独自性のあるスキルを身につけましょう。

    何件か案件を受けていると自分がやりやすい分野の仕事と、やりにくい分野の仕事が出てくると思います。

    自分のやりやすいと思った分野の、仕事の質を上げていくように勉強してみましょう。

    実績に繋がる未経験の仕事と一緒に、自分の得意分野の仕事も請け負うことがポイントです。

    フリーランスでWebマーケティングを始めるには

    フリーランスでWebマーケティングを始めるには、実際にどのように行動すればいいか解説します。

    Webマーケティングを学べるスクールに通う

    メリット ・学習や転職のサポートが受けられる
    デメリット ・費用がかかる

    全くの初心者からフリーランスを目指すという方は、Webマーケティングコースのあるスクールに通いましょう。

    未経験でもOKという会社や案件は少なくはありませんが、不安もあるかと思います。
    実際に案件を引き受けても、基礎をしっかり学べていない場合は案件を最後までこなすことも危ういです。

    例えば未経験で始めるとなると、以下のような不安はありませんか?

    • スキルや経験がない
    • 職種が自分にあっているかわからないまま始める

    スクールに通い適切な知識を得ることで、不安は解消するでしょう。

    また意外と見落とされるメリットとして、転職や案件などのキャリアサポートがつくことが挙げられます。

    スクールの案件はネットなど一般に公開されていない、限定の案件が多いです。
    スクールでしっかりとスキルを身につけたという保証があるからこそ、良質な案件も多く長期契約案件も十分見込めます。

    参考として、以下のような記事も見てみてください。

    独学で勉強をする

    メリット ・自分のペースで必要な言語を学べる
    デメリット ・学習サイクルが身につかないと挫折しやすい

    フリーランスのWebマーケターとしてのスキルを、独学で勉強をして実績を作る方法もあります。

    参考書やサイトで学び、実際に自分でサイトを作り、Webマーケティングを行います。

    そこで成果を上げられると、実績として数えることができます。

    この方法はSNS運用のマーケティングをしたい人におすすめの方法です。

      未経験なら実績を積むためにも就職する

      メリット ・基礎から応用までを実践で身につけられる
      デメリット ・採用枠が少ないことがある

      未経験でも実際に行動する方がいいなと思う人は、Webマーケターを募集している企業に就職しましょう。

      周囲の社員とのコミュニケーションの取り方もわかるので、実践に強くなれます。

      未経験の人はフィードバックをしてもらえる環境に行くことが、成長の近道でしょう。

      実際の案件に触れながら実績も積めるので、就職してからフリーランスを始めることはおすすめです。

      フリーランスとして開業する

      メリット ・経験・未経験関係なく始められる
      デメリット ・Webマーケターの実績がないと案件が来ない場合がある

      経験・未経験関係なく、フリーランスで開業することは可能です。

      特にWebマーケティングの経験があるなら、フリーランスとしてすぐにでも開業できます。

      ですが全く案件を持っていないままで始めるのは不安だという人は、先に副業として始めるのも手です。

      顧客をある程度集められ、収入も安定して、自分に向いているか見極めてから始めてみましょう。

      フリーランスでWebマーケティングをするのに必要なスキル

      フリーランスでWebマーケティングをするのに必要なスキルがあります。

      Webマーケティングの知識

      フリーランスで仕事を受注するためにも、Webマーケティングの知識は持っていて損はないです。

      効率よく知識を得るために、資格を取得することも一つの手でしょう。

      Webマーケティングに利用できる検定は、以下のようなものがあります。

      マーケティング・ビジネス実務検定 ・業種や業界を問わないマーケティングの知識を身につけられる
      ・「IMASSA認定マーケティング実務士」の資格取得可能
      Web検定 ・ビジネスでWebに関わるすべての人にとって標準的な知識を整理・体系化した試験。
      ネットマーケティング検定 ・Webサイトを駆使したブランディングや市場リサーチ、SEO対策など、Webマーケターがインターネットを通じてマーケティングを行うための知識やスキルを学べる検定

      資格を持っていると自分の自信になり、顧客への自己アピールにも活用できます。

      また在宅で学習できる環境が整っているものもあるので、自分の目的に合った資格検定を探しましょう。

      コミュニケーション能力

      フリーランスでWebマーケティングをするなら、コミュニケーション能力は必須です。

      なぜなら顧客の要望を、食い違いなく聞くスキルが必要だからです。

      さらに1案件を作り上げるには、エンジニアやデザイナーなど、沢山の人がかかわっています。

      取引先のスタッフに対して適宜報告をして指示を出すなど、円滑にする必要があります。

      取引先の担当者の言いたいこと、要望をしっかり聞くことを意識しましょう。

      コンサルティング能力

      企業のWebマーケティングを請け負うにあたって、コンサルティング能力は重要です。

      顧客の課題を把握し、適切なベネフィットを提示する必要があるためです。

      そのためコンサルティングの手法を理解しておくと、取引先からの信頼も厚くなるでしょう。

      フリーランスにおすすめのWebマーケティング案件例

      それではフリーランスにおすすめの、Webマーケティングの案件例を挙げてみます。

      単価 契約期間 業務内容
      医療・福祉 1,000,000~1,200,000円/月額 即日~長期 サイト刷新、営業活動の高度化検討
      不動産 500,000~600,000/月額 即日~長期 広告の業務運用、改善支援
      Web開発 ~1,450,000円/月額 即日~長期 自社サービスの新規開発

      案件は日々変動しているので、定期的に確認することをおすすめします。

      検索するときITフリーランスに特化した求人・案件サイトを利用しましょう。

      募集している企業の業種は、上記の表の他に銀行やIT企業など様々です。

      マイナビエージェントを例に挙げると、公開されているWebマーケティングの求人一覧は633件あります。

      転職エージェントを利用すると、さらに466件追加されます。

      他にもマイナビ転職やエン転職、DODAなどの求人サイトや転職サイトも活用できるでしょう。

      フリーランスでWebマーケティングの案件を獲得するには

      フリーランスでWebマーケティングの案件を獲得するには、どうすればいいか見てみましょう。

      今回は以下の4点を挙げてみました。

      • エージェントの利用
      • 企業に直接営業
      • 案件検索サイト
      • ブログ・SNSを始める

        エージェントの利用

        メリット ・自分で営業に行かなくても案件がもらえる
        デメリット ・中間マージンがかかる

        案件を獲得するのによく活用されるのは、専門のエージェントの利用です。

        最近ではフリーランス向けの、求人情報のみを出しているエージェントも増えています。

        企業との中間に入ってくれるので、万が一取引先とのトラブルがあった場合も対応してもらえます。

        エージェントを利用した場合は、中間マージンを必要とする場合が一般的です。

        企業に直接営業

        メリット ・信頼を置ける知人から仕事をもらえる
        デメリット ・営業のスキルがある程度必要

        エージェントを利用しない場合は、自身で探す方法もあります。

        Webマーケティングの案件を知り合いや友達から、獲得することもいいでしょう。

        知人はすでに自分の実績や、現在のスキルを把握しているため、双方が安心して仕事を受発注できます。

        この場合は知人経由の受注ではなく、直接契約になります。

        直接契約をした顧客との仕事は、信頼関係が重要になるので納期などは厳守しましょう。

        案件検索サイト

        メリット ・自分で得意な仕事が選べる
        デメリット ・コミュニケーションを取るのが困難なことがある

        Webマーケティングの案件を探すには、案件検索サイトも使えます。

        クラウドソーシングと言われる、企業の発注形態を利用するといいでしょう。

        クラウドソーシングは自分で案件を選べ、得意な仕事のジャンルが選べます。

        しかし個人対企業のやり取りで相違が発生する場合があるので、気をつけましょう。

        案件検索サイトも仲介手数料がかかる場合があるので、確認も欠かさないことが重要です。

        ブログ・SNSを始める

        メリット ・自分の実績を手軽にアピールできる
        デメリット ・依頼がくるかは安定していない

        自分のWebマーケティングの活動を発信する場として、ブログやSNSを活用しましょう。

        ブログやポートフォリオを経由し、見込み客から依頼をもらえる場合があります。

        自分でこれまでの実績を全面的にアピールし、集客を目指しましょう。

        【フリーランス】Webマーケティング紹介おすすめエージェント

        フリーランス向けにWebマーケティングの案件を紹介するサイトを3つ紹介します。

        • ランサーズエージェント
        • DYMテック
        • Modis Freelance

        以上3つをご紹介します。

        ランサーズエージェント

        引用:ランサーズエージェント

        運営会社 ランサーズエージェンシー株式会社
        案件数 約6,491件
        対応地域 全国
        特徴 全ての案件が直接契約

        ランサーズエージェントは、ほぼ全ての案件が直接契約となっています。

        直接契約とは間に仲介業者を挟まずに、直接顧客先と行います。

        またランサーズエージェントで募集している案件は、常駐が多めになっています。

        しかし稼働時間や条件を細かく検索できるので、自分にあった案件を探しやすいのがポイントです。

        DYMテック

        引用:DYMテック

        運営会社 株式会社DYMキャリア
        案件数 不明
        対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
        特徴 リモートワークOKな案件が豊富

        DYMテックは、既卒や第二新卒向けの転職エージェントも行っている会社が運営をしています。

        リモートワークOKな案件が豊富なことが特徴であり、時間や場所にとらわれない働き方ができます。

        エンジニアとしての経験がある人に、おすすめのエージェントでしょう。

        Modis Freelance

        引用:Modis Freelance

        運営会社 アデコ株式会社
        案件数 約40,000件
        対応地域 全国、東アジア
        特徴 スカウト機能がある

        Modis Freelanceはフリーランス案件を集めたサイトです。

        特徴はスカウト機能があるのでこれまでの経歴を、登録しておくとエージェントからメッセージが届きます。

        高単価なフリーランス案件・求人が豊富なサイトであり、高収入も望めます。

        未経験の人が受けられる求人もあるので、未経験者も経験者も利用できます。

        【案件サポートが手厚いスクール!】インターネット・アカデミー

        引用:インターネット・アカデミー公式サイト

        転職・案件のエージェントにも引けを取らないスクールもご紹介します。

        インターネット・アカデミーはweb技術の世界最高位の団体である「W3C」メンバーのITスクールです。
        おすすめポイントは大きく分けて以下の3つです。

        • WEBマーケティングの中でも7コースに分かれているから、ピンポイントで学びたいことを学べる
        • WEBマーケティング以外のコースも学びたいスキルを学べる
        • 案件紹介や転職サポートなど、一人ひとりに合ったキャリアサポートがすごい

        インターネット・アカデミーのWEBマーケティングコースは、以下のように細かく分けられています。

        • WEBディレクターコース
        • WEB担当者コース
        • WEBプロデューサーコース
        • ECサイト運用コース
        • プロジェクトマネジメント講座
        • WEBマーケティング講座

        インターネットアカデミー公式サイト:https://www.internetacademy.jp/

        上記のような細かい分類により専門的な知識がより効果的に学べ、周囲との差別化が図りやすくなります。
        世界的に活用しているIT関係者たちが、受講後もアドバイスなどをしてサポートしてくれるのは、圧倒的な強みですね。

        オンライン完結での受講も可能なので、社会人で忙しい人でも安心して通えます。

        月額で1万円台から受けられるコースも多数あるので、気になる方は無料体験レッスンに参加するのも、おすすめです。

        自分に合ったコースや通い方も親身に提案してくれます。

         

        まとめ:Webマーケティングのフリーランスで失敗しないためにも

        フリーランスでWebマーケティングを始めるには、まず自分がどのように働きたいかを決めましょう。

        働き方の例

        • 在宅ワークで働く
        • 企業の常駐として入る
        • 副業として働く

        Webマーケティングは、現在需要が高まっている職種でもあります。

        スマートフォンの普及や、IT化の波に乗ることで、仕事の量も増えるでしょう。

        Webマーケティングでフリーランスとして働くなら、利益の出やすい方法もあります。

        もし一人で始めるのが不安であれば、エージェントやスクールを活用してみるのもおすすめです。

        以下の記事でおすすめのWebマーケティングスクールを紹介しているので併せて確認してみてください。

        よかったらシェアしてね!
        目次
        閉じる