正しいスーツ選びの基本とは? 自分の体型に合ったスーツを着よう【デキる新人になる! ビジネスファッションのキホン】

2018/03/16

ファッション全般

正しいスーツ選びの基本

スーツはビジネスマンの人生において数十年は着用するものなのに、その「着方」や「ルール」「選び方」について教わる機会はありません。ルールがあることすら知らない人もけっこういます。ですので、こちらで数回にわたりお伝えしていきます。知ってる人は知っているスーツのルール、知らないで恥をかいたり、信用を落としたりなんてことのないようにしましょう。新社会人の今知れば、一生、ずっと使える知識ですよ。こちらの記事は男性編ですが、女性についてもほかの記事で解説していきます。

今回は、「正しいスーツの選び方の基本」について解説します。

▼こちらもチェック!
社会人男性は香水を付けるべき? 社会人の81.2%が「つけないほうがいい」と意見

■正しいスーツの選び方を知る前に―「細身スーツ=カッコいい」は大いなる誤解?!

まずここ数年のスーツ界における一番の問題は、特に新社会人世代で広がる「細身スーツ=カッコいい」という誤解です。現在新社会人世代の人がまだ生まれていないバブル期(1980年代後半)のスーツはゆったりしたシルエットでしたが、今はその反動なのでしょう。屈伸したらお尻のところが破けるんじゃないかというくらい、パッツンパッツンのスーツを着ている人をよく見かけます。(実際、お尻のサイズがギリギリすぎて、しゃがんだと同時にぱりーんとスーツのお尻が漫画のように破れてしまうことってあるんですよ)。

スーツの選び方の原則は、「細身スーツほどカッコいい」では決してなく、「体とスーツをリンクさせるのがカッコいい」です。体つきが細身の方なら細身スーツは無理がありません。しかし、細身ではない体型(太っていたり、がっしり型だったり)の方がみちみちと細身スーツに体を包んでいるのは「無理矢理感」が出てしまいます。そういう方、街中で見たことありますよね。

無理に細身スーツを着る方たちは、「少しでも痩せて見せたい」から、体よりも細いスーツを選んでいるのでしょう。しかし、体より無理に細いスーツを着ると、「痩せて見える」どころか、「痩せて見せたいと思ってるんだろうな」とその意図まで周囲に漏れてしまうのです。これはカッコ悪いです。

スーツに限らず私服でもそうですが、ファッションが本当にその人に似合っていて調和しているときは、違和感が出ません。しかし、無理をしたファッションは「この人こう思われたいんだろうな」という意図が周りに透けて見えてしまいます。これはおしゃれをするにあたって一番してはいけない大失敗です。

■男性の思うカッコよさと女性の思うカッコよさは違う

今までの論調だと、「それなら細い人は細身スーツを着ていいのか」となってしまいますがここもちょっと待ってください。細身スーツは「最近」のトレンドです。特に、これまで同世代の人と主に生活してきたであろう新社会人のみなさんも、会社に入れば同僚も顧客も取引先もさまざまな年代の人がいるはずです。そこで持ってほしい意識は「自分の服装が他の世代の人にどう見えるか?」ということです。

「自分と同世代の人だけが同僚で、得意先で、顧客だ」というなら、超細身スーツでもいいのかもしれません。しかし、実際はそうではないですよね。部長クラスの年代の人達は、超細身スーツに対して「カジュアルすぎる」「なんでそんなにみんな細いスーツを着るの?」といった印象を持つ人が多いです。

また、新社会人のみなさんのうち大半は「モテたい」もしくは「モテないならモテるほうがいい」程度にはモテへの願望はあると思います。モテたい場合も、過剰な細身スーツは厳禁です。ここで「えっ、細身スーツって女子がキュンとなる人気のかっこいいモテファッションじゃないの?」と思ってしまった方もいらっしゃるでしょうが、そうとも限らないのです。

たしかに、カジュアルなチャラめのファッションの男性が好きな女性も一部にはいます。しかし、大抵の女性は男性のチャラく見えるファッションって好きじゃないです。

「休日のファッション」と「仕事のビジネスファッション」は別物です。体に合わない超細身スーツを着る人は、スキニージーンズがカッコいいからと、その感覚をそのままスーツにも流用しています。スーツのカッコよさはそういうものではありません。仕事のファッションと休日のファッションを分けて考えるのが正しいスーツの選び方においては非常に重要です。

次のページ正しいスーツの選び方のコツは「試着」にあり!

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ファッション全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]