ビジネスシーンで使われる「アサイン」の意味って? 例文や使い方【スグ使えるビジネス用語集】

2022/09/26

ビジネス用語

ビジネスシーンで使用される機会が増えてきた「アサイン」。特に外資系やコンサル、ホテル業界やIT関連の企業で多く使われているビジネス用語です。

その業界の人にとっては当たり前のような言葉でも、新社会人や転職組にとっては「何のこと?」と焦ってしまうかもしれません。ビジネス用語として使用される「アサイン」には、どのような意味が込められているのでしょう。 今回は「アサイン」の意味や例文つきの使い方、言い換え表現や対義語についても解説します。

▼こちらもチェック!
メンターって何? メンターの意味とビジネスシーンでの使い方を例文付きで解説!【スグ使えるビジネス用語集】

「アサイン」とは任命するという意味

アサインとは「任命する」「割り当てる」「あてがう」「割り振る」「選任する」といった意味があります。英語の「assign(アサイン)」が元になっています。

ビジネス用語としての「アサイン」も英語の「assign」と同じく「任命する」「割り当てる」という意味合いで使われることが多いです。もし「アサイン」と言われたら、この「任命する」「割り当てる」のどちらかに言い換えてみると分かりやすいです。

英語辞典での「assign」の用例には次のようなものがあります。

英語辞典にある用例:主に役割やものを割り当てるときに使われる
・I was assigned to the Sales Division.(私は営業部に配属された)
・A room could be assigned.(部屋を割り当てられた)


ビジネス用語でもほぼ同じ使われ方をしますので参考にしてみてください。

「業務アサイン/ジョブアサイン」とは

業務アサイン/ジョブアサインとは、「一人一人の仕事の割り振り」のことを指します。管理職やマネージャーが部下に対して、作業や業務を割り当てることを業務アサイン/ジョブアサインといいます。

管理職の役目としての「アサイン」ということですね。

ビジネスシーンでの「アサイン」の使い方

ビジネスシーンでのアサインの主な使い方は、

・アサインする
・アサインされる
・アサイン(名詞として)

といった形で、何らかの役割への選任や、新しい配属先の発表などで用いられます。

たとえば、新しいプロジェクトチームの担当者として選ばれたときは「新規プロジェクトにアサインされた」という使い方をします。

アサインするのは「立場が上の人」

アサインは「任命する」というニュアンスがあるため、通常「アサインする」のは「立場が上の人」です。具体的には、上司や管理職などが相当します。

反対に、任命された当人の方は「アサインされる(された)」と表現します。部下の側から上司に対して「アサインします」などと使うことはありませんので、注意しましょう。

アサインは会議での使用頻度が高い

アサインは会議や打ち合わせでの使用頻度が高いです。
アサインと一緒に使われやすいビジネス用語としては、

・アグリー:賛成
・ジョイン:参加
・アジェンダ:会議の検討課題
・エビデンス:根拠・証拠


などがあります。

もし、会議中に「この件は君をアサインしておくから」と言われた場合は、「この件について担当することになった」ということになりますね。

アサインの業界特有の使い方

アサインは、業界によっては業界用語に近い形で使われることがあります。

特に気をつけたいのが、旅行業界やホテル業界。部屋割りやシート割りの際に「ルームアサイン」などとして用います。部屋の割り当て、という意味ですね。

また、IT業界も独特な使い方をします。よく知られるのが「キーアサイン」で、キーボードのキー(の組み合わせ)に何らかの機能を割り当てることを「キーアサインする」と言います。

ただし、IT業界でも「エンジニアをアサインする」など、一般的な「任命する」と言う意味で使われることもあるので注意しましょう。次からは例文を使って、もう少し詳しくアサインの使い方を見ていきます。

「アサイン」の使い方がわかる例文

アサインの使い方がわかる例文をいくつかご紹介します。

例文1:ビジネスシーンでの一般的な例文

●上司から部下に、部署の異動や昇進などを告げるとき

「今度、あなたをプロジェクトリーダーにアサインすることにしました。」

●配属先での自己紹介で

「今度、営業部にアサインされた〇〇です。」

例文2:IT業界編

●キーボードのキーに機能を割り当てるとき

「F5にコピー機能をキーアサインした。」

例文3:ホテル・旅行業界編

●お客様に席を割り当てるとき

「あちらのお客様に通路側の席をアサインして」

●ホテルで部屋の割り当てを行うとき

「A様にはスイートルームをアサインする。」

例文4:コンサル業界編

●プロジェクトの担当コンサルタントを決める段階にて

「今日は新規アサインに向けた面談がある。」
「希望のプロジェクトにアサインされた!」

「アサイン」に関連する用語

アサインに関連する用語として「アサインメント」と「ジョイン」をご紹介します。

アサインメント

アサインが分かれば、「アサインメント」はもうお分かりですね。アサインの名詞形です。つまり「任命」「割り当て」といった意味です。

とはいえ、アサインの方も名詞的に使われることがとても多くなっています。名詞として使う場合は本来なら「アサインメント」と言うべきかもしれませんが、カタカナ語としてはより簡潔な「アサイン」の方が定着してきたと考えられます。

ジョイン

アサインが使われるようなシーンでは、「ジョイン」というビジネス用語もたびたび登場します。ジョインもアサインと同じく英単語が元になっています。

英単語の「join(ジョイン)」の意味は参加するという意味ですが、ビジネス用語でのジョインも参加するという意味合いで使われます。

・アサイン:任命する・役割を与える
・ジョイン:参加する


「チーム(やプロジェクト)にジョインすることになった。」が例文になります。

「アサイン」の言い換え表現

アサインの言い換え表現や類語としては、冒頭でご紹介したアサインの意味をあらわす日本語を上手に使い分けると良いでしょう。

・任命する、任命
・割り当てる、割り当て
・あてがう
・選任する
・配属

「アサイン」と意味が反対になる対義語

アサインの対義語にあたるカタカナ語に「リリース」があります。リリースというと「新曲リリース!」といった使い方がおなじみですが、実はアサインの対義語にもなるのです。

ここでのリリースの意味は「放つ」「解放する」「離す」など。アサイン(任命)されて受け持っていた業務から離れるときに「リリースとなる」などとして使います。

そのほかの対義語としては、

・取り下げる
・外す

なども挙げられます。

まとめ:アサインは周りに合わせて使おう

「アサイン」はビジネス用語として「任命」「割り当てる」といった意味で使われています。クライアントとの会話で使用されたときなどに、あらかじめ意味がわかっていると安心です。

実際のビジネスシーンにおいては、「アサイン」はひんぱんに使われる環境とほとんど使われない環境に大きく分かれます。ほとんど使われない環境で急にアサインを使うと「サイン?」と間違われてしまう恐れも…。そのため自分で使う時は、ケースバイケースでなるべく分かりやすい表現を選ぶようにしましょう。

文:マイナビ学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]