<新社会人必見>会社員生活を楽しみつつ懐事情を豊かにする節約術5選

2016/01/29

貯金・節約

社会人になると学生時代よりも収入が増えますよね。しかし、将来のためにしっかり貯金もしたいし、付き合いも増えて支出も増えてしまうのが悩みの種。社会人生活をしっかり楽しみながらきちんと節約して支出をなるべく抑える方法があれば知りたいですよね。今回は、会社員生活を楽しみながらきちんと節約する5つの方法をご紹介します。

■自炊はマスト

社会人になったと同時に一人暮らしを始めたという人も多いと思います。一人暮らしをしている人は自炊をすることが何よりの節約になります。しかし、仕事で疲れて帰ってきたあとに自炊をするのはつらい!ということもありますよね。毎日の自炊を継続させるためには日頃の下準備が非常に大切。休日に作り置きOKのおかずを作っておきましょう。煮物やきんぴらなどは日持ちしますし、カレーやシチュー、ハンバーグなどは冷凍保存もOKなのでたくさん作って冷凍しておくのも良いでしょう。ご飯を炊くのも面倒だという人はご飯もまとめて炊いて小分けにして冷凍しておきましょう。

■コンビニ通いは控える

コンビニは24時間年中いつでも開いていて、最近では衣類や日用品、食材なども買うことができるので便利ですよね。レトルトパウチ食品も冷凍食品もお弁当もバリエーションが豊かになり、近くにコンビニがあれば生活に支障はないほどです。しかし、便利さゆえに用事がなくてもついついコンビニに立ち寄ってしまうことも多いのではないでしょうか。なんとなく立ち寄って、目的以外のものを買ってしまうこともありますね。しかし、その無駄なコンビニ通いは確実に節約からほど遠い行為であることを忘れてはいけません。節約したければ散財のもととなるコンビニへ立ち寄るのを控えましょう。また、コンビニはほとんどのもののが定価で売られているため、スーパーやドラッグストアで買ったほうが安いということが多いです。コンビニに寄るのは最終手段にしておきましょう。

■新聞は購読しなくてもOK

社会人になり、社会情勢や経済状況を知るために新聞の購読を始める人もいますよね。しかし、新聞の購読は必要ありません。最近ではインターネットのニュースサイトが充実しているため、それだけの知識でも十分なのです。スマホで読めるニュースサイトもたくさんあるので、通勤時間やお昼ご飯の時間など隙間時間にニュースをさっと確認できるのではないでしょうか。どうしても紙面のニュースが読みたいという人は、会社で購読している新聞を読むのも手です。新聞を購読している会社は多いので、朝早く出勤して会社で読むというのも一つの方法ですね。

■コンセントは抜く

電化製品にあふれた現代社会では、電気料金もかさみます。使ってない間も少しずつ電力を消費している電化製品はたくさんあるんです。ドライヤーやヘアアイロン、コタツ、ストーブ、エアコンなどはよく使うため、年中コンセントにさしっぱなしだという人もたくさんいますよね。少し面倒ですが、そういった電化製品の電源プラグも、使っていないときには抜いてみましょう。僅かながら確実に節約ができます。また、パソコンをシャットダウンせずにずっとつけているという人も見かけますが、シャットダウンせずに使い続けるとずっと電力を使うだけでなく、パソコン自体にも悪影響を及ぼす恐れがあります。使い終わったらオフにすることを心がけましょう。

■飲み物は持参する

1日何も飲み物を飲まないという人はいませんよね。会社で飲む飲み物、どのように調達していますか?社会人の皆さんはコンビニや自動販売機で購入したり、コーヒーショップでテイクアウトしている人が多いのですが、節約したいという人はぜひマイボトルを持参して飲み物は自分で用意しましょう。市販のものばかり飲んでいると糖分の摂りすぎになってしまいますが、自分で作ったものだと自分の好みの味にできるので健康やダイエットにも最適です。


会社員生活を楽しみながらきちんと節約する方法を5つご紹介しました。いかがでしたか?節約するのはとても良いことですが、そのせいで会社員生活が楽しめなくなるようでは長続きしません。節約は苦しいことではありませんので、楽しみながら節約しましょう。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

貯金・節約の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]