ß

人事・上司に響く自己評価の書き方とポイントとは? 査定前に要チェック!

2017/01/10

社会人ライフ

■自己評価の書き方その3 現状の改善点や問題点をまとめる


自己評価としてはここまででも十分ですが、自己評価は現在の問題点や改善点などをまとめて報告するいい機会でもあるので、今後のためにもきちんとまとめて報告しておきましょう。例えば、今後のためにはもっと講習などを受けて能力開発したいが、業務に追われてその時間がないとか、求められるレベルに対して、機材やツールなどが不足しているなどの問題点を挙げるといいでしょう。さらに、それに対する自分が考える解決策を添えるとベストです。

■自己評価を書くための準備

自己評価を提出する段階になって、急に評価しようとしてもなかなか難しいと思います。日ごろの業務の中に、自分なりの業務日誌や、その時起こったトラブルや解決策、改善点などを書き留めておくといいでしょう。

自己評価は苦手とする人も多いですが、日ごろから先輩や上司とコミュニケーションをとり、自分はどのようなことを求められているか、会社としてどのような方面に力を入れていくかなどをつかめていれば、現在の自分の状況も見やすくなると思います。先輩がどうしているかなどの意見も聞いて、査定の時期に困ることのないように、最大限、自分の業績を認めてもらえる「自己評価」を作りましょう。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る