内定先とのメールに役立つメールテクニック Vol.1 社会人メールの基本マナー

2011/09/22

内定・内定辞退

Vol.1 社会人メールの基本マナー

相手のことを考えて書きましょう

あなた宛に届いた、ただひたすら長いだけのメールを思い出してみてください。ウンザリしながらも読み進めたけど、結局どんな用件で、何が言いたいのかよくわからなかった、という経験はありませんか? メールを見た瞬間、例えば「日時」「集合場所」「〆切」などがまとめてあると、受信者にとって理解しやすい「やさしいメール」ですよね。このやさしいメールを書けるよう心がけましょう。

すぐに返信しましょう

会社から届いたメールはできるだけ早く返事をします。あなたのだしたメールは、ほぼ数秒後には先方に届きます。遅くなってしまった場合には「遅くなりまして申し訳ございません」などと書き添えます。

社会人になったら、隣の席の人にもメールを出す!?

仕事でメールをやり取りする場合には、隣の人や毎日話す人にもメールをだす場合があります。このメールが記録代わりになり、仕事の内容や日時などを確認することができるのです。 何でもメールなんて面倒くさいと思うかもしれませんが、連絡事項をすべてメールで残しておくようにしているところも多々あります。

社会人は、名刺交換をしたらメールを出すのが鉄則

最近は名刺にメールアドレスが入っていることは当たり前です。名刺交換したら、すぐメールを出しておきましょう。ビジネスチャンスが広がるかもしれません。

仕事に慣れてきてしまうと会ったその日、または翌日に「本日はありがとうございました」なり、「昨日はありがとうございました。ついては進展ですが...」とマメに連絡ができる人は少なくなってきます。初々しさを全面に出し、即行でお礼メールを出すと、「がんばっている社員だなぁ」とよい印象を与えます。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]