【ニュースで英語勉強】初心者から上級者まで、無料のおすすめサイト12選!

「ニュースで英語を勉強したいけど、ハードルが高いのでは?」

「初心者だけど、英語でニュースを読んでみたい」

上記のようなお悩みを抱えていませんか?

 

近年、初心者から上級者まで、様々なレベルに対応した英語ニュースが配信されています。

さらに無料で読めるコンテンツもたくさんあるので、英語でニュースを勉強するには困りません

とはいえ、具体的にどうやって勉強すれば良いのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、以下のことをお伝えします。

この記事で伝えること

  • ニュースで英語勉強ができるおすすめコンテンツ12選
  • 英語でニュースを読むメリット5選
  • 英語ニュースで効率良く勉強する方法4選
  • 英語ニュースで勉強をする前のQ&A

    ぜひ最後までお読みください。

    目次

    ニュースで英語勉強ができるおすすめ一覧

    コンテンツを、おすすめな人ごとに分けてご紹介します。

    日本でも話題のテーマで学びたい人

    サイト名 一言メモ
    【Podcast】

    バイリンガルニュース

    英語と日本語で話されているので、聞き流していても内容が分かる
    【サイト/Podcast】

    NHK WORLD JAPAN

    日本にまつわるトピックで勉強できる

    隙間時間を使ってニュースを読みたい人

    サイト名 一言メモ
    【サイト】

    ニュースで英語術

    文章の解説が詳しく載っており、内容がしっかり理解できる
    【アプリ】

    BBC News

    人気記事がランキング化されており、何を読むか迷う時間を省ける

    リーディングを鍛えたい人

    サイト名 一言メモ
    【アプリ】

    POLYGLOTS(ポリグロッツ)

    文節ごとに区切って文章を読めるので、サクサク進める
    【アプリ】

    ざっくり!英語ニュース!StudyNow

    単語やニュースの解説がついているので、理解が深まる
    【Podcast】

    WSJ What’s News

    トランスクリプトを全文読めるので、分からない単語をすぐに調べられる

    動画で勉強したい人

    サイト名 一言メモ
    【YouTube】

    VOA Learning English

    1分の動画の中で重要単語も勉強できるので、飽きない
    【YouTube】

    BBC Learning English

    導入部分で問題が出題されるので、概要を把握する練習になる
    【YouTube】

    CNN

    ニュースだけでなく、ディスカッションの聞き取り練習もできる
    【サイト】

    ABC News

    ビデオとテキスト、どちらからも情報を得られる

    英語でニュースを読むメリット5選

    ニュースを読むメリットは、以下の5点が挙げられます。

    • お金と時間をかけずに勉強できる
    • 正確な文法や単語表現を勉強できる
    • 書き言葉に慣れられる
    • 社会情勢に詳しくなれる
    • 動画や音声だとアナウンサーが話すので、聞き取りやすい

      1つずつ、解説しますね。

      1. お金と時間をかけずに勉強できる

      ニュースを英語で学ぶことは、教材を買うよりもお金を節約できます。

      1冊1000円以上する本を買うなら、失敗したくない!と思い、慎重に選んで時間がかかってしまいますよね。

       

      今回ご紹介するサイトは、基本的に無料で利用できるものばかりです。

      そのため、お金も時間もどちらも節約できるのです。

      コンテンツによっては、課金をする必要がありますが、基本的な機能は無料で使えるので、気軽に試してみてくださいね

       

      さらにニュースは隙間時間を使って読めるので、時間の節約になります。

      基本的に1つのトピックについて書かれているので、物語のように長くありません。

      通勤、通学時間を利用して1記事だけ読む、という使い方もできますよ。

      2. 正確な文法や単語表現を勉強できる

      ニュース記事では、正しい文法で書かれた英語を学べます

      というのもニュースではスラングのような、ラフな表現が使われていないからです。

       

      端的に内容がまとめられており、文章構成の勉強にもなります。

      結論から始まる文章を読んでいると、論理的な文章の書き方を学べますよ。

      ビジネスや論文にも活かせるので、一石二鳥ですね。

      3. 書き言葉に慣れられる

      ニュース記事に使われている単語は、TOEICやTOEFLなどの資格試験にも役立ちます。

      くだけた表現ではなく、書き言葉で書かれているからです。

       

      書き言葉の表現に慣れていると、長文問題を読むときに時間がかからず、概要を掴みやすくなります

      慣用句表現や単語を覚えるために、どんどん活用しましょう。

      4. 社会情勢に詳しくなれる

      英語でニュース記事を読んでいると、自分の教養へと繋がります

      日本だけではなく、海外のニュースを追うことで、世界全体の政治の動きを知れるからです。

       

      とはいえ、初心者の人にとって、政治は少し難しいトピックでもあります。

      「自分にはハードルが高いかも…」と思ったら、日本語で海外の政治ニュースを積極的に読んでおきましょう

      前知識があれば、英語で読んでも比較的理解しやすくなりますよ。

      将来、英語力がアップした時には少しでも英語圏の政治を知っていると、背景の理解もより深まりやすくなります。

      5. 動画や音声だとアナウンサーが話すので、聞き取りやすい

      日本語のニュースでも、アナウンサーが読み上げる原稿はとても聞き取りやすいですよね。

      アナウンサーは、発声について特別な訓練を受けているからです。

       

      ニュース原稿を読む際、アナウンサーは”伝わる”ことを第一に読み上げます。

      正しく発音された英語を聞いて、リスニング力をアップしましょう。

      英語ニュースで効率良く勉強する方法4選

      英語ニュースで効率良く勉強する方法は、以下の通りです。

      • 英語圏の社会背景を、日本語でも勉強しておく
      • 毎日続ける
      • スクリプトを使って音読する
      • オンライン英会話と併用して勉強する

        1つずつ、解説していきますね。

        1. 英語圏の社会背景を、日本語でも勉強しておく

        前知識として、英語圏の政治体制や社会情勢について、勉強しておきましょう。

        政治背景が分かっていると、なぜ今この問題が起きているのか、といったことを理解しやすくなるからです。

         

        日本のサイトでも国際ニュースは追えるので、まずは日本語で読んでおくことをおすすめします。

        具体的な例としては、ニュースでよく見かける政治家だけでも、覚えておきましょう。

        ニュースを読んでからどんな人物なのかをその都度調べていると、時間がかかってしまいます

        知識があればあるほど、ニュースをサクサク読めるようになりますよ。

        2. 毎日続ける

        習慣化することで、まとまったセンテンスを読むことに慣れられます

        SNSや国内のニュースを見る感覚で、毎日読むことを続けましょう。

         

        とはいえ、分からない文章をダラダラ読むだけでは、練習になりません

        「ちょっと難しいかも?」と感じたら、まずは日本語でそのニュースに該当するものを探してみてください。

        日本語で読んでから英語を読むだけで、理解度もアップします。

        初心者の人は、元から和訳がついているニュースアプリを使用するのも、1つの方法です。

        3. スクリプトを使って音読する

        音声を聞いてからスクリプトを使って音読をすると、リスニング力がアップします。

        正しい発音を聞いてマネすることで、自分の耳と口から単語を覚えられるからです。

         

        コンテンツによっては、動画や音声と一緒に文章もセットになって、記事が配信されています。

        例え1回で聞き取れなくても、スクリプトを使えば単語の綴りが分かるので、発音や意味を調べられます。

        耳と目の両方から情報を取り込み、効率良くインプットしましょう。

        4. オンライン英会話と併用して勉強する

        ニュースディスカッションのコースがあるオンライン英会話を使うと、理解度がより深まります

        インプットとアウトプット、どちらの練習にもなるからです。

        自分が読んだニュースを元に話すことで、記憶にも残りやすくなります。

        分からないことがあれば先生に質問もできるので、悩む時間を省けて、無駄のない勉強法を確立できますよ。

         

        オンライン英会話についてより詳しく解説している記事は、こちらです。

        後ほど、ニュースディスカッションができるおすすめの英会話についてもご紹介しますね。

        英語ニュースで勉強をする前のQ&A

        よくある疑問について、お答えします。

        どんな人が向いている?

        英語ニュースで勉強することをおすすめしたい人は、以下の通りです。

        • TOEICやTOEFL、IELTSなどの資格試験の勉強をしている人
        • ビジネス上のスモールトークで、世界情勢について話す人
        • 英語でディスカッションをできるようになりたい人

          資格試験に向けて勉強している人は、書き言葉にも慣れる必要があります。

          ニュースにはスラングが使われていないので、しっかりした内容の文章を読む時に役立ちます

           

          ビジネスで英語を使う人にとっても、ニュースで英語を勉強すると良いでしょう。

          スモールトークでは、突然本題に入らず、最近の社会情勢などについて語ることもよくあるからです。

          ミーティングにおいて、商談相手の国事情をよく知っていると会話がはずみ、好印象を与えられますよ。

          初心者にはハードルが高すぎる?

          初心者だからこそ、正しい英語の文体に慣れておくべきです。

          「スラングを勉強した方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、基礎の部分が分かってから、初めて応用できるのです。

          最初は焦らず着実に、分かる単語数を増やしていきましょう

           

          ニュースが難しすぎるようであれば、コラムなどもあります。

          初心者の人は自分にとって身近な話題を選び、リーディングへのハードルを下げると良いですよ。

          英語力は上がる?

          英語でニュースを読むことを習慣づけられたら、英語力は上がります。

          毎日続けていると、よく目にする単語や表現を覚えて、英語脳を刺激できるからです。

           

          語学を習得することにおいて、【忘れないこと】はとても大事なポイント。

          【忘れないこと】は、【続けること】とも言い換えられます。

          つまり、続けることで英語を忘れない仕組みを作ると、英語力の土台をより強固に固められるのです。

          ディスカッションの内容がよく分からない…

          「ニュースの内容はある程度理解できるのに、ディスカッションになると、途端に分からなくなってしまう。」

          というお悩みは、中級者以上によく見られます。

           

          ディスカッションを理解するには、トピックの背景を知っておく必要があるのです。

          「分からないな…」と感じた場合は無理をせず、まずは知識を深めるところから始めましょう。

          日本語でそのテーマについて本を読んだり、調べると良いですよ。

           

          さらに、実際に自分もディスカッションしてみると、流れを掴めるようになります。

          アウトプットの練習には、オンライン英会話が最もおすすめです。

          自分の好きなテーマを選び、講師とマンツーマンで話せるからです。

           

          生徒として受けるレッスンなので、気負う必要はありません。

          分からないことはどんどん質問して、自分のものにしていきましょう。

          ニュースディスカッションに慣れたころには、本場の人たちの主張も理解できるようになるはずです。

          初心者におすすめの英語ニュースコンテンツ

          初心者の人は、まずはリーディングやリスニングに対する苦手意識を潰していきましょう

          英語力をアップさせるには、苦手意識をなくすことが大切です。

          初心者の人にも負担にならない英語ニュースコンテンツを、4つご紹介します。

          【無料サイト】ニュースで英語術

          引用:ニュースで英語術

          「文章を読みながら、詳しい解説を読みたい」

          という人に、おすすめです。

           

          ニュースで英語術は、NHKゴガクが提供しているラジオ番組です。

          5分ほどなので、ラジオ番組と併用して使っても効果的ですが、ホームページを読むだけでもリーディングの練習になりますよ。

          というのも、文章の途中で詳しい解説を読めるからです。

          引用:ニュースで英語術

          解説では意味はもちろん、文脈に合わせた単語の意味を説明してくれているので、表現を学ぶにはピッタリです。

          初心者の人の、「ニュース英語を読んでも分からないかも…」という不安を解消してくれます。

          【無料アプリ】POLYGLOTS(ポリグロッツ)

          引用:APPストア

          「色んなジャンルのトピックを読みたい」

          という人に、おすすめです。

           

          ポリグロッツの最大の特徴は、『スラッシュリーディング機能』がついているところ。

          『スラッシュリーディング機能』とは、文節のかたまりを自動で区切り、リーディングをサポートしてくれる機能です。

          引用:ポリグロッツ

          文節で区切ってくれているので、意味の固まりを意識しながら読み進められます

          初心者の人にとって、長文を読むことは負担のかかることです。

          スラッシュリーディング機能を使って、サクサクと文章を読み進める練習をしましょう。

          【YouTube】VOA Learning English

          引用:YouTube

          「短い動画で、重要表現を知りたい」

          という人に、おすすめです。

           

          VOAとは、アメリカが運営する国営放送『Voice of America』の略称です。

          国が運営するテレビチャンネルが、英語を学ぶ人のためにコンテンツを提供しています。

           

          VOA Learning Englishの最大の特徴は、1分の動画の中に単語の解説まで盛り込んでくれるニュース

          ゆっくり読み上げるニュースの後に、【今日のピックアップ単語】が表れます。

          引用:YouTube

          その単語を使って更にニュースが読まれるので、文脈に沿った表現を学べるのです。

          1分と短い動画なので、隙間時間にどんどん活用しましょう。

          【Podcast】バイリンガルニュース

          引用:Podcast

          「単語を調べるために手を止めず、聞き流したい」

          という人に、おすすめです。

           

          2013年から放送開始されている、Podcastとしては比較的長い歴史を持つ番組です。

          爆笑問題の太田光氏がラジオで紹介したことをキッカケに、有名番組となりました。

           

          MamiさんとMichaelさんの2人がそれぞれニュースを選び、紹介しています。

          さらにそのトピックについて、英語と日本語両方で会話をするという、独特なスタイルを確立させました。

           

          特に台本はなく、一発収録をしているため、リアルな英会話を聴けるのが特徴です。

          日本語と英語のどちらでも会話されているため、不思議と話しているテーマを理解できるのです。

          スクリプトを購入したい場合は、月額240円の読み放題プランで手に入れられます。

          引用:Appleストア

          聞き逃した単語の意味を調べることで、より2人の会話を理解できるようになります。

          中級者におすすめの英語ニュースコンテンツ

          中級者の人は、もっと深く話したり理解できるように、今の英語レベルを更にアップさせたいですよね。

           

          しかし、焦りは禁物。

          無理やり分からないニュースを聞き続けても、自動的に理解は深まりません。

          少しずつ語彙や表現を増やしていくことが、上級者への近道なのです。

          中級者の人にも理解しやすい英語ニュースコンテンツを、4つご紹介します。

          【無料サイト】NHK WORLD JAPAN

          引用:NHK WORLD JAPAN

          「日本のトピックで、英語の勉強をしたい」

          という人に、おすすめです。

           

          NHK WORLD JAPANは、NHKが提供している国際サービスです。

          日本のことを海外に向けて、発信しています。

           

          最大の特徴は、日本のニュースを英語で見られるところ

          普段私たちが目にするニュースが英語で報道されているので、トピックを把握するのに時間がかかりません。

           

          他にも、海外へ向けた日本の紹介ビデオやドラマなども、オンデマンドで配信されています。

          引用:NHK WORLD JAPAN

          30分から50分ほどの番組構成なので、長時間のリスニング練習にも最適です。

          馴染み深いトピックで、リスニング力をアップさせましょう。

          【無料アプリ】ざっくり!英語ニュース!StudyNow

          引用:Appleストア

          「ニュースの内容と一緒に、解説も読みたい」

          という人に、おすすめです。

           

          日本人に向けて開発された、国内や海外の短い英文のニュースを読めるアプリです。

          最大の特徴は、自分が興味のあるトピックを探しやすいところ

          政治経済のビジネス分野や、映画や音楽、アニメのエンタメまで、色々なトピックが網羅されています。

          記事には基本的に、【語彙解説】【英文解説】【ニュース解説】の3つがついており、内容の理解を手助けしてくれます。

          引用:Appleストア

          ただし、無料プランだと、鍵付きの記事を読むために制約があります。

          連続ログインをしたりお知らせを読むだけで受け取れるので、集めるのにそこまで苦労はしません。

          毎朝追加されるニュースで、どんどんフレッシュな話題を取り入れていきましょう。

          【YouTube】BBC Learning English

          引用:YouTube

          「ニュース内容を正確に把握する練習をしたい」

          という人に、おすすめです。

           

          イギリスの公共放映局として有名な、『British Broadcasting Corporation』。

          他の国営放送局と同様に、様々なコンテンツを提供しています。

          中でもおすすめなのが、『Lingohack – Real English, real news』という再生リストです。

          引用:YouTube

          ニュースを放送するだけでなく、動画の最初に【今日のニュース概要】と【クエスチョン】が表示されます。

          この2つを導入部分で提示してくれることで、どこに集中して見れば良いのか分かるので、概要を把握する練習にもなります。

          ニュースが終わった後には、クエスチョンの答えと重要単語の解説もあるので、復習にも最適です。

          引用:YouTube

          ポイントを絞った学習方法で、ニュースへの理解をさらに深めましょう。

          【Podcast】NHK WORLD JAPAN

          引用:Podcast

          「日本のことを、英語で勉強したい」

          という人に、おすすめです。

           

          NHKが提供している、英語のニュースです。

          日本国内のニュースを取り扱っているため、トピックを理解するには、それほど難しくありません

          また毎日更新されるので、旬の時事問題を取り入れられます。

          時事問題が分かっていると、日本の国内事情について聞かれた時に、単語も出やすくなりますよ

          1回15分ほどなので、電車に乗っている間や移動中に聞き流しながら、勉強しましょう。

          上級者におすすめの英語ニュースコンテンツ

          上級者の人は、ニュースを英語で見ることで英語力の維持にも繋がります。

          さらに、ニュースは現地情報も手に入るため、住んでいる人やこれから渡航する人にとっても役立つ内容です。

          上級者の人におすすめの英語ニュースコンテンツを、4つご紹介します。

          【無料サイト】ABC News

          引用:ABC News

          「ビデオとテキスト、どちらからもニュースを取り入れたい」

          という人に、おすすめです。

           

          アメリカの民間放送局である、『American Broadcasting Company』。

          ネイティブに向けて発信されているニュースのため、現地に住んでいる人にとっては馴染み深いニュースサイトです。

           

          ニュース記事からビデオニュースまで、色々なコンテンツを提供してくれています。

          まずは記事を読んでからビデオを見て理解を深める、という使い方もできますね。

           

          さらに、動画は字幕のオンオフも可能

          聞き取れなかった単語も調べられるのが、便利なポイントです。

          【無料アプリ】BBC News

          引用:Appleストア

          「機能が多すぎない方が、使いやすくて好き」

          という人に、おすすめです。

           

          BBC Newsはイギリスの公共放送、『British Broadcasting Corporation』が提供しているアプリ。

          イギリスのニュースのみならず、世界各国のニュースを取り上げて報道しています。

          タイトルの下に、どこの国で起こったことなのかを示しており、見やすい仕様になっています。

          他にも、今最も読まれている記事をランキング形式で紹介したり、ニュースビデオを提供したりしています。

          引用:Appleストア

          時間がない人は、人気の記事だけをピックアップして読む、などして、隙間時間を活用しましょう。

          操作が簡単で使いやすいアプリです。

          【YouTube】CNN

          引用:YouTube

          「ディスカッションのリスニング練習をしたい」

          という人に、おすすめです。

           

          アメリカの有名なニュースチャンネルである、『Cable News Network』。

          YouTubeにチャンネルを構え、様々なコンテンツを提供しています。

          アナウンサーがニュースを読むだけでなく、専門家にインタビューをしたりディスカッションをした動画もあるのが特徴。

          引用:YouTube

          ディスカッションの理解を深めるために、利用するのも方法の1つです。

          【Podcast】WSJ What’s News

          引用:WSJ What’s News

          「経済ニュースを中心に取り入れたい」

          という人に、おすすめです。

           

          アメリカの経済誌として有名な、『The Wall Street Journal』のポッドキャスト。

          10分~12分ほどで、世界のヘッドラインやビジネスニュースを提供しています。

          最大の特徴は、トランスクリプトを全文読めること

          引用:WSJ What’s News

          WSJの公式サイトで、全て公開されています。

          ビジネスニュースは専門用語があって難しい、と感じる時には、トランスクリプトを活用しましょう。

          英語でニュースディスカッションができるオンライン英会話

          さらに英語力をアップさせたい人におすすめなのは、オンライン英会話です。

          ニュースを読んでインプットした後に、実際にアウトプットをすると、より深く学習できますよ。

          ここではニュースディスカッションができる、おすすめのオンライン英会話3社をご紹介します。

          DMM英会話

          DMM英会話

          引用:DMM英会話

          「豊富なトピックから選びたい」

          という人に、おすすめです。

           

          DMM英会話の教材では、デイリーニュースとして毎日、英語記事が更新されています。

          記事の下にはレベルも参照されているので、中級者向けか上級者向けか、すぐに分かる仕様。

          以下の内容が、毎日無料で閲覧可能です。

           

          • ボキャブラリー
          • ニュース記事
          • 議論
          • 一歩踏み込んだ議論

            会員でなくても閲覧できるので、ニュースを読む練習なら1人でも使えます。

             

            しかし、読むだけではインプットの練習だけになってしまいがちです。

            会員になると、ニュースディスカッションのレッスンを実際に受けられるので、アウトプットの練習ができます。

            講師と話して、ニュース記事の理解を深めましょう。

            たくさんのディスカッション内容が提供されているので、トピックに困らず意見を述べる練習ができます。

            レアジョブ

            レアジョブ

            引用:レアジョブ

            「ディスカッションのテーマを、自分で選びたい」

            という人に、おすすめです。

             

            デイリーニュースとウィークリーニュース、どちらかを選んでディスカッションができるシステムです。

            引用:レアジョブ

            どちらのニュースでも音声再生が可能で、トランスクリプトを追いながらリスニング練習も取り入れられます。

            さらに、記事の中の重要単語がピックアップされ、例文も紹介されています。

            単語がどんな文脈で使用されるか知れるのは、学習者としても嬉しいですよね。

             

            ディスカッションは何種類か用意されており、選択したトピックで講師と会話ができます。

            何度も利用を重ねて、論理的に自分の意見を説明できるようになりましょう。

            産経オンライン英会話plus

            産経オンライン英会話

            引用:産経オンライン英会話plus

            「日本語と英語の記事を読み比べたい」

            という人に、おすすめです。

             

            他のオンライン英会話と違うところは、全ての記事に日本語訳がついているところ。

            英語と日本語の表現の違いを比べられるのが、特徴です。

            引用:産経オンライン英会話plus

            産経新聞社が支援している、『JAPAN Forward』が記事の提供をしています。

             

            月1回更新なので、他と比べると更新頻度は少なめですが、その分たっぷり時間をかけて勉強できますよ

            新聞社と提携しているネットニュースの記事で勉強し、日本の今を英語で勉強しましょう。

            英語ニュースで、英語力をアップしよう!

            おすすめコンテンツを12個ご紹介しました。

            復習として、全ておさらいしておきましょう。

            初心者におすすめ

            コンテンツ名 こんな人におすすめ
            【無料サイト】

            ニュースで英語術

            文章を読みながら、詳しい解説を読みたい人
            【無料アプリ】

            POLYGLOTS(ポリグロッツ)

            ニュースだけではないトピックも読みたい人
            【YouTube】

            VOA Learning English

            短い動画で、重要表現を知りたい人
            【Podcast】

            バイリンガルニュース

            単語を調べるために手を止めず、聞き流したい人

             

            中級者におすすめ

            コンテンツ名 こんな人におすすめ
            【無料サイト/Podcast】

            NHK WORLD JAPAN

            日本のトピックで、英語の勉強をしたい人
            【無料アプリ】

            ざっくり!英語ニュース!StudyNow

            ニュースの内容と一緒に、解説も読みたい人
            【YouTube】

            BBC Learning English

            ニュース内容を正確に把握する練習をしたい人

             

            上級者におすすめ

            コンテンツ名 こんな人におすすめ
            【無料サイト】

            ABC News

            ビデオとテキスト、どちらからもニュースを取り入れたい人
            【無料アプリ】

            BBC News

            機能が多すぎない方が、使いやすくて好きな人
            【YouTube】

            CNN

            ディスカッションのリスニング練習をしたい人
            【Podcast】

            WSJ What’s News

            経済ニュースを中心に取り入れたい人

             

            また効率の良い勉強方法として、オンライン英会話のニュースディスカッションも挙げられます。

            おすすめのオンライン英会話

            スクール名 こんな人におすすめ
            DMM英会話 豊富なトピックから選びたい人
            レアジョブ ディスカッションのテーマを、自分で選びたい人
            産経オンライン英会話plus 日本語と英語の記事を読み比べたい人

             

            無料体験もできるので、ぜひ使ってみてくださいね。

            以下の記事では、無料体験について解説しています。

            ぜひ合わせてお読みください。

             

            英語でニュースを読んで、色んな情報を得ることで、自分の世界が広がります

            隙間時間でも勉強できるので、ぜひ習慣化して自分なりの学習法を確立してくださいね。

            よかったらシェアしてね!
            目次
            閉じる